*

母の温もりを知りません

公開日: : 最終更新日:2014/07/05 泣ける話

Pocket

わたしは、母の温もりを知りません。

かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。
当時まだ、わたしは6歳でした。
保育園の卒園式の夜でした。

「一緒に寝る??」

わたしには姉妹もなく、
小さいころから一人の部屋で過ごし、一人で寝ていました。

だから、その日にいきなりそんなことを言う母に、びっくりしたのを覚えています。

うれしいような、恥ずかしいような・・・
わたしは母に甘える事も知らなかったからです。

翌朝。起きると、ベッドの上にはわたし一人でした。

まだその時は、母がいなくなったとは知らず、
夕方になっても帰ってこない母を
玄関先でずっと、待っていました。

父はそんな私に、
「これからは二人で頑張ろう・・」とだけしか言いませんでした。
それでも六歳のわたしは、
母はもう帰ってこないんだ・・・と、悟ったのです。

次の日

わたしは父の為に、全くわからない炊飯器、そして洗濯機と戦い
ました。
結局、炊飯器のスイッチはわかりましたが、水加減がわからず、
おかずは、スクランブルエッグとダシと具の無いお味噌汁。

洗濯機は使い方がわからず、
まだ春の初めの冷たい水で、父の作業着を洗いました。
干し方もわからないし、背も届かなかったので
全身水浸し・・・

それでもわたしは、父の帰りをワクワクしながら待っていたことを覚えています。

ほどなくして父が帰宅し、わたしはちゃぶ台に、先程のご飯を並べました。

硬いご飯・・味のない味噌汁・・スクランブルエッグはマヨ
ネーズをかけて、なんとか無事に食べれました。
40年近く過ぎた今でも、その味を覚えています。

父は新聞を読んでるふりをしていましたが、
鼻をすする音が聞こえていたのも覚えています。

それからの父は、わたしにとっての母でもありました。

ですが、父も私を抱きしめてくれるわけでもなく、
温もりなど知らないまま育ちました。

やがて、わたしも嫁ぎ、子供を授かりました。

自営業の家に嫁いだので、
小さい時から子供たちを保育園に預け、仕事をしていました。
とても忙しく、一緒に遊んであげる時間も、ゆっくり話す時間もなかったけど、

『一日に一回でもいい・・・』

わたしに触れらることで安心出来た、と息子と娘は言います。
それは、わたしも同じでした。

触れることで安心出来たのです。

そう言えば、小さいころ父は、
わたしを気遣い、何度も母を作ろうとしてくれました。
でも、ほんとうにわたしが求めていたことは

たった一度でいい・・・
父と手を繋いで、買い物に行きたかった!
たった一度でいい・・・
病気をしたときに、父に傍にいて欲しかった!

それだけでした。

わたしは母に対して、最期に
「お母さん」と、言えなかったことなど、沢山の後悔があります。でも、ほんとうの後悔は、

『わたしに触れてほしかった・・・』

と、言えなかったことかもしれません。

温もりなど知らないまま育ったわたしですが、親になって分かったことがあります。
それは、子供たちが教えてくれました。

触れられた温もり・・・それだけではないんだよ、ってこと。
触れる心地よさ、触れたときの温かさを。

今、わたしは母に
『生んでくれてありがとう』と、言いたいです。
そしていつか・・・

いつか、わたしがそちらにいったときは
抱きしめてくれますか、おかあさん

引用:https://www.facebook.com/mamagasuki

q01333

AD googleアドセンス

関連記事

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよくじぃちゃん家に泊まりに行ってま

記事を読む

足が痛いから入院するよ

親友からの電話。 『たいしたことはないから一週間くらいだって』 笑いながらの連絡だった。 『そ

記事を読む

チョコレート

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ね

記事を読む

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。 そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決ま

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー

普段俺のことをバカにしまくってる ドーベルマンのロッキー しかし小学生のとき、ロッキーは

記事を読む

圭介って友達がいた。俺の親友だ。

圭介って友達がいた。 俺の親友だ。 何をするにも一緒だった。 周りから見たら気持ち悪いくらい。

記事を読む

【過去からの手紙】

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫ったこ

記事を読む

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれていました。 ですがある日突

記事を読む

ピザじゃない!

友人が居酒屋にイタリア人の友達を連れてきた。 飲み進むうちに食べ物を追加しようという話になり、

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑