*

もう10年も前の話

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 感動する話

Pocket

もう10年も前の話。

妻が他界して1年がたった頃、

当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、

私はどう接してやればいいのか、

父親としての不甲斐なさに悩まされていた。

実際私も、妻の面影を追う毎日であった。

寂しさが家中を包み込んでいるようだった。

そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、

実家の母にしばらくきてもらうことになった。

出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。

2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。

そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。

“ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、

園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。

こんなときにそんなプログラムを組むなんて・・・

「まぁ、行くよ♪」 娘だった。

息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。

一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。

隣に座っていた母がこう言った。

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、

正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。

そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、

「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?

本当はパパだってとってもさみしいの、

だけどパパは泣いたりしないでしょ?

それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。

だから、だいじょうぶだよね?

お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから」

そう言っていたのよ。

何ということだ。

娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている。

場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。

10年たった今、無性にあの頃のことを思い出し、また涙が出てくる。

来年から上京する娘、おとうさんは君に何かしてあげられたかい?

君に今、どうしても伝えたいことがある。

支えてくれてありがとう。君は最高のママだったよ。

私にとっても、正樹にとっても。

ありがとう。

q01328

AD googleアドセンス

関連記事

理解者  きっとこの先もずっと、忘れられない言葉

この11年間も、きっとこの先もずっと、 忘れられない言葉がある。忘れたくない 気持ちがある。

記事を読む

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

中学の頃、学校で いじめにあっていた。 教室に入れなくて いつも保険室に通っていた

記事を読む

手のかからない子に手をかけて

分娩台の上で産声を上げたときから 赤ちゃんは泣き始めます そして、泣き続けます その声

記事を読む

花嫁の電話

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借りに

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

「世界の北野」ですら、お母さんには敵わない。。。

『親思う心にまさる親心』 北野武さんが芸能界に入って売れるようになった頃、 お母さんから

記事を読む

嫁の連れ子の一人娘の結婚式

一人娘の結婚式 俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 お前はもらわれていく。 土曜日、一人娘の結婚式

記事を読む

『ドラえもん最終回・動画版』

と言ってもYoutubeから。 時間にして7分ほどですので、時間を作ってぜひご覧ください。 のび

記事を読む

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私

記事を読む

SMAPが涙した、元メンバー森且行からの手紙

2014年7月末 SMAPが27時間テレビの総合司会をつとめ 番組クライマックス これまで

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑