*

突発性難聴と診断された妻

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 感動する話, 泣ける話

Pocket

昨年、突発性難聴と診断された妻。
病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。

きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。
「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)

夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。

最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が
「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」
って書いた。

つい大きな声で
「お前離婚したいのか?!耳が聞こえない位で離婚するわけないだろ!バカか!」
って言ってしまった。

妻はかぼそい声で
「出来る事、一生懸命やるから、頑張るから捨てないでね…」
って泣いた。

妻がこの件で初めて泣いたのを見て、俺も泣いた。ずっと我慢してたんだって。
不安だったろうな、辛かったろうな…。

抱き合って泣いてる俺達にびっくりして起きてしまった2歳の娘が、
「おか〜しゃん おと〜しゃん 泣かないの ヨチヨチ」
ってしてくれた。

この温かい家族をこれからも俺が守って行こうと思ったよ。

q01318

AD googleアドセンス

関連記事

バスの中で言葉の暴力を喰らった

10歳の息子がある病気を持っており、 車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり 一見ダルマ

記事を読む

全身の筋肉が骨化する難病と闘う女性の強さと美しさが人々の心をつかむ

英国で、難病におかされたある女性のドキュメンタリー番組が放映された。 病に屈しないその生き方、

記事を読む

言葉ひとつ

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。 そのときにキッ

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

【祈りの手】

いまから500年ほど前、ドイツのニュルンベルグの町に 「デューラー」と「ハンス」という若者がい

記事を読む

母から娘への手紙

私のかわいい娘へ。 私が老いていることに気付いたときには、落ち着いて受けとめてね。 何より、私が

記事を読む

IBMの正式な職員

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにあるIBMのオフィスに、野良猫が住み着いた。IBMの職員は野良猫

記事を読む

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

中学の頃、学校で いじめにあっていた。 教室に入れなくて いつも保険室に通っていた

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑