*

やしきたかじんさんが愛されてきた理由

公開日: : 感動する話

Pocket

1999年10月5日。大阪・フェスティバルホール。50歳の誕生日を迎えた歌手・やしきたかじんさんは1つの区切りをつけようとしていた。

 50歳でコンサートはやめる。かねてから宣言していた節目のステージ。それまでのたかじんさんのすべてを詰め込んだ内容だった。

 デイリースポーツ入社1年目だった当時の取材ノート。40分にわたる曲間の超長尺トークや、床に顔がつくのではないかと思うほど深々と客席に頭を下げて舞台を降りていく様子などを記したメモとともに、走り書きの文字がある。「話し出したら、絶対に笑わせる」。「歌、こわいほどうまい」。「最後は、必ず優しい」。

■質の高い”二刀流”だった

 駆け出しの記者が直感的に書きなぐったメモに過ぎないが、その後、取材を続ければ続けるほど、たかじんさんが愛される理由は、結局、この3つに集約されるように思えてきた。

 『やっぱ好きやねん』、『東京』などのヒット曲を持つ人気歌手でありながら、86年には「日本放送演芸大賞ホープ賞」を、93年には「上方お笑い大賞審査員特別賞」を受賞。前例のない、質の高い“二刀流”を実現させたこともさることながら、見る者を魅了した最も大きな要因は、3つ目の「最後は、必ず優しい」にあるように思う。

 08年3月。20年以上にわたり放送してきたラジオ番組が突然終了し、無期限の休養をしていたタレント・北野誠さんを復帰させたのは、たかじんさんだった。

■安倍総理にもアドバイスを送った

 「いろいろな憶測を呼んだ誠さんの休養でしたが、仕事復帰の場となったのが関西テレビ『たかじん胸いっぱい』。実は、各局スタッフが『一番目立つ最初の起用を、どこがするのか』と手をこまねいている中、自らの責任と度量で、たかじんさんが番組に呼びました。たかじんさんの男気と優しさが端的に表れた場面だったと言えると思います」(関西を拠点に活動する放送作家)。

 また、たかじんさんと親交の深かった芸能リポーターの井上公造さんも、次のように話す。
 「たかじんさんは、北野さんじゃなくても、過去にトラブルを起こした、そのまんま東(現・東国原英夫)さん、田代まさしさんらの謹慎明けにも、番組出演のチャンスを与えたんです。さらに、総理の座を志半ばで辞めた安倍晋三さん(現・内閣総理大臣)に対して、もう一度、夢を見ることをアドバイスしたのも、たかじんさんでした。たかじんさんは『大きな失敗をしたヤツこそハートがある、それを潰したらアカン!』と口癖のように言ってました」。

フリーアナウンサーとして活躍する宮根誠司さんも人生の恩人にたかじんさんを挙げ、話したのが次の言葉だった。

 「たかじんさんに教えてもらったことは、たくさんあります。中でも、これは僕の“芯”みたいなものになってるんですけど『なんで、放送のことON AIRというか分かるか?』と。たかじんさんいわく『“AIR”というのは空気や。スタジオの空気が全部そのまま出ていくもんやねん。楽しむ時はオレらもホンマに楽しまな伝わらへんし、怒る時はホンマに怒らなアカン』と言われました」。

■休養中も用意されていたたかじんさんの楽屋

 テレビに映っているところだけでなく、裏側の空気も画面から伝わる。ごまかしはきかない。その考えはスタッフにも、出演者にも、しっかりと浸透し、たかじんさんが休養中もレギュラー番組を収録する際には、必ず局内に“やしきたかじん様”と札を下げた楽屋が用意され、弁当も運ばれ、楽屋前で頭を下げる出演者の姿もあった。

 もちろん、楽屋の主が、姿を現すこともなければ、弁当に手をつけることもない。そして、あいさつに応える声もない。それでも、たかじんさんと共に番組を作っているんだという空気は、しっかりと“ON AIR”されていた。そして、これからもきっと“ON AIR”されていくことだろう。

引用:中西正男(なかにし・まさお)さん

AD googleアドセンス

関連記事

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

おたがい様

職場復帰して間もない頃。 子供がしょっちゅう熱を出し、 それが終われば水疱瘡だのロタウイルスだの

記事を読む

迷彩服のヒーロー 事故から救ってくれた自衛隊員への話

数年前の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていま

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

「しあわせだね」って口にするだけで幸せになれるよ。

電車内。 推定3歳くらいの女の子が 「けしき、きれいだね。しあわせだね」 「お

記事を読む

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動する話)【漫画動画】 を

記事を読む

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

8歳の女の子が国歌斉唱(米)の途中、マイクが故障。 その後・・・

記事を読む

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で

記事を読む

親父の手

昔、子供の頃 よく親父と手を繋いで歩いた・・・ 親と手を繋いでみてください・・・

記事を読む

チーズケーキ買えるかな?

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの女の子が入ってきた。 顔を

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑