*

ママに優しくしてあげたくて来たんだよ

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 感動する話

Pocket

長男がちょっとづつ話せるようになった3歳ぐらいの頃、
長男が急に話し始めたことがあります。

「ママが大好きで、ママの子供になりたい
と神様に言ったら
良いよって言ってくれて
パパが居なかったけど
それでもママの所に来たくて
ママに優しくしてあげたくて来たんだよ。」と。

… 私はできちゃった結婚で妊娠が
わかったときはまだ結婚してませんでした。
だからパパが居ないと言ったのだと思います。

私はそれを聞いて声をあげて泣きました。

子供は理由なく、
ただ、
大好きと思ったから私のところに来てくれたんだ。

心から私を好きでいてくれる人がいる。
誰よりも私を必要としてくれる人がいる。

両親を亡くし、私は独りぼっちだ…
私の事を一番心配してくれる人なんていないと
すごく寂しい思いをしていた私は、
この子の一言で救われました。

そして、2番目の子が生まれ、
その子が話しはじめた時、
夫婦喧嘩で泣いていた私に、

「神様がね、ママに優しくしてあげるように
って言ってくれたんだよ。
ママに優しくしてあげる為に生まれてきたんだからね。
ぼくががついてるから大丈夫だよ。」と言ってくれました。

私は何かの宗教に入ってるわけではありませんが、
神様がいるんだと思いました。

そして、子供は親を助けるために生まれてくるんだ。
その人が大好きだから生まれてくるんだと確信しています。

AD googleアドセンス

関連記事

ばあちゃんと自転車

俺、老人苦手。 「おばあちゃんこ」とか「おじいちゃんこ」とかってスゴイ。 老人慣れしてるヤツ

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

no image

【日本語字幕】世界中が涙したタイの感動CM

病気の母のため、薬を万引きしようとした少年に救いの手をのべた食堂のおじさん。その30年後、おじさんは

記事を読む

見知らぬ子供に涙し、幸せになったおじさんのお話

離婚するとき、私は妻と2 つの約束をした。 ひとつは年に一度、娘の誕生日だけは会いにきてもいい

記事を読む

【耳が聞こえない】

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。産まれたときから耳が聞こえなか

記事を読む

【祈りの手】

いまから500年ほど前、ドイツのニュルンベルグの町に 「デューラー」と「ハンス」という若者がい

記事を読む

こんな日常の出来事が

お友達家族と、 森の中のアスレチック広場に遊びに行きました。 息子とお友達、お父さん方、お母

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

婦警さん

私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。 それを撃退

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑