*

**大切な人に贈りたい24の物語**より 星野監督の話

公開日: : 最終更新日:2014/06/28 感動する話

Pocket

星野監督は多くの選手から慕われていますが

その理由がわかる話を聞きましたので紹介します

星野監督は小学校時代、岡山県倉敷市で過ごしていました

同級生に」、ジストロフィという重い障害を持った

定金正憲君という友達がいました

彼は学校に行くのをいつも嫌がって

お母さんを困らせていましたが

星野監督と同じクラスになってからは毎日

喜んで学校に行くようになりました

星野監督が定金君を毎日背負って登校してくれたからです

定金君は放課後も楽しそうに

星野監督が野球をしている姿を眺めていました

星野監督がどんなに練習が厳しくて疲れていても

練習が終わると、定金君を背負って彼の家に送って行きました

雨の日には定金君が濡れないように、リヤカーに乗せて連れて行ったそうです

定金君との交流は、小学校卒業して大人になっても続きましたが

残念ながら彼は41歳で亡くなってしまいます

なくなる少し前にも定金君は

「頑張ってください。優勝してください。いつも僕は見ています。」

と星野監督に話していました

残念ながら星野監督が優勝したのは

定金君が亡くなった2週間後でしたが定金君のお母さんは

「息子が42歳まで生きてこれたのは、星野さんのおかげです

息子は、星野さんの活躍を見て、夢と希望をもらっていたんです

息子にとって星野さんは同級生で神様だったんです

息子は幸せだったと思います。感謝しています」

と話しています

**大切な人に贈りたい24の物語**より

AD googleアドセンス

関連記事

お小遣い

あるところに少年と母親だけで暮らしている家族がありました。 少年と母親は助け合い、 貧しいながら

記事を読む

志村へ

この手紙をもって 俺のコメディアンとしての 最後の仕事とする。 まず、 俺の芸能人生を解

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

木村拓哉さん

ドラマ撮影が押してる休憩時間。 キャストは過酷なドラマ撮影に 疲労し疲れをとるため 少しで

記事を読む

ワールドカップ最終節で見せた心優しきスウェーデン代表MFキム・シェルストレームのちょっぴり泣ける良い話

サッカーという競技の美しさに、 選手とピッチに入場する少年少女たちの姿がある。 彼ら彼女らの

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

今更聞けない「一杯のかけそば」のお話

この物語は、今から35年ほど前の12月31日、 札幌の街にあるそば屋「北海亭」での出来事から始まる

記事を読む

チーズケーキ買えるかな?

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの女の子が入ってきた。 顔を

記事を読む

迷彩服のヒーロー 事故から救ってくれた自衛隊員への話

数年前の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていま

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

出逢う順番が逆だったら。。。 一度でいいから思い出をください、と頼んだのは私です 

彼との出逢いは職場です。新入社員で右も左もわからなかい私を、彼が食事に

→もっと見る


PAGE TOP ↑