**大切な人に贈りたい24の物語**より 星野監督の話


星野監督は多くの選手から慕われていますが

その理由がわかる話を聞きましたので紹介します

星野監督は小学校時代、岡山県倉敷市で過ごしていました

同級生に」、ジストロフィという重い障害を持った

定金正憲君という友達がいました

彼は学校に行くのをいつも嫌がって

お母さんを困らせていましたが

星野監督と同じクラスになってからは毎日

喜んで学校に行くようになりました

星野監督が定金君を毎日背負って登校してくれたからです

定金君は放課後も楽しそうに

星野監督が野球をしている姿を眺めていました

星野監督がどんなに練習が厳しくて疲れていても

練習が終わると、定金君を背負って彼の家に送って行きました

雨の日には定金君が濡れないように、リヤカーに乗せて連れて行ったそうです

定金君との交流は、小学校卒業して大人になっても続きましたが

残念ながら彼は41歳で亡くなってしまいます

なくなる少し前にも定金君は

「頑張ってください。優勝してください。いつも僕は見ています。」

と星野監督に話していました

残念ながら星野監督が優勝したのは

定金君が亡くなった2週間後でしたが定金君のお母さんは

「息子が42歳まで生きてこれたのは、星野さんのおかげです

息子は、星野さんの活躍を見て、夢と希望をもらっていたんです

息子にとって星野さんは同級生で神様だったんです

息子は幸せだったと思います。感謝しています」

と話しています

**大切な人に贈りたい24の物語**より

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス