成人式の日


成人式の日、

それは美容室にとって、

大いに気合いが入る日。

その年の成人式も、夜中の午前2時からお客様を迎え入れ、

リポD飲んで気合いを入れてから、

手を休める事なく仕事をしました。

ようやくその日最後のお客様となり、

成人式ヘアーをつくっていると、

ものすごく視線を感じました。

その先へチラッと目をやると、

その子のお母様が、

じ~っと見ているのです。

娘さんのヘアースタイルの出来をチェックしているのかな~と思い、

「よかったら隣で見て下さい。

もう落ち着いたので、こちらに座っても大丈夫です。

近くの方がよく見えますよ♪」

と言い、娘さんの隣に座ってもらいました。

しばらくすると、今度は鼻をすする音が聞こえてきました。

気を使いながら、その音の方をみると、

今度は涙をポロポロと流しているではありませんか・・・

なんて言葉をかけていいのか分からなかったけど、

「本当におめでとうこざいます。

ここまで育てるのも、大変な御苦労があったことをお察しします」

そして娘さんに、

「○○ちゃん、

これからもお母さんの言うことをちゃんと聞くんだよ!

そしてこれからは○○ちゃんが返す番だからね」

そう言い終わると、

お母さんの嗚咽がお店の中に響きました。

まずい事を言ってしまったかな?と反省しながら成人式のヘアーと着付けが終わり、

その親子はお帰りになりました。

数日後、娘さんが1人でお店にやってきました。

成人式の時のお礼にと、菓子折りをもってきて、話してくれました。

実はお母さま、

5年前に余命宣告されていて、

医者に言われたのが、

もってあと2年・・・

娘さんが15歳の時なので、17歳の頃には旅立っている計算です。

その時お母さんは、口ぐせのように言っていたそうです。

「あんたが成人するまでは生きていたい!

成人式で着物姿が見れたら、他には何もいらない!

それまでは何としてでも生きたい!」

必死の闘病生活だったそうです。

「だから泣いていたんですね。

念願の着物姿が見れて」

すると娘さんが言いました。

「それもそうなんですが、

もう一つ理由がありまして」

「どうしたの?」

「実は私、

口うるさく注意してくる母が嫌いで、

高校卒業後、すぐに就職して引越したんです。

それからはほとんど連絡も取らず、

好き勝手やっていました。

だから本当は成人式も出ないつもりでした」

「じゃあ、何で成人式に出たの?」

「20歳の誕生日のとき、

母から手紙が来たんです。

その手紙には“ありがとう”って書かれていました。

2年間、

病気で大変な母をほったらかし、

ほとんど連絡も取らない私にたいして母は、

“もうそろそろお迎えがくるかもしれないそうです・・・

だから最期に言っておきたくて、

私のもとへ生まれてきてくれてありがとう。

あえなくても私は毎日あなたを思っていて幸せでした

本当にありがとう”

私は自分が情けなくなって、

すぐに電話をしました。

“成人式の準備しといてよね!

それまでに死んじゃダメだよ”

泣きながら話していました」

「お母さん素敵だね。

大切にしなよっ!」

そう言った僕も泣いていました・・・

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス