*

情けは人の為ならず

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 泣ける話

Pocket

通勤で電車を利用しないけど、
私用でたまに電車を利用したときは

周囲に老人が立っていると、
席を譲るようにしている。

一昨年の花見の帰り、
すっかり寝入った三歳の息子を、
抱っこして電車に乗りました。

歩きつかれたのと、
それまで子供を抱っこしていたのとで、
電車に乗った時点で疲労の極致。

すし詰めではないが、
空いている座席は見当たらない。

電車に乗るまでは妻と交互に抱っこしていたが、

車内で抱きかえると迷惑になるかな
と言うぐらいに混雑している。

下車する駅に着くまでの三十分は
抱き続けか、
かなりの地獄だなと
息子を抱えたまま悲痛な顔になると、

目の前に座っていた老人が立ち上がり

「座りなさい。ほら、ここ、ここ」

と席を譲ってくれた。

「いえいえ、平気です。
そんなわけにはいきません」

と、やせ我慢しようとしたら

「覚えてないんだね。
あんた、以前、私に
席を譲ってくれたじゃないか」

と、

「助かります」

と、妻に子供を抱かせて座らせた。

情けは人のためならずとは、
このことかと、ちょっと涙が出そうになった。

お爺さん、本当にありがとう。

AD googleアドセンス

関連記事

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。

記事を読む

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

言葉ひとつ

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。 そのときにキッ

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

高校最後の大会

俺にとっての高校生活が終わった 終わってみると短いものだ 高校生活 たくさんの思い出がある

記事を読む

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは 「えwあの女と付き合ってるの

記事を読む

私が会った子どもたちは みんな可愛かった

私が会った子どもたちは みんな可愛かった。 笑っている子ども、 ふざけている子ども、 赤ちゃ

記事を読む

ある都内の若手ナースの実話です

私は都内でナースをしています。 これは二年ほど前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑