情けは人の為ならず


通勤で電車を利用しないけど、
私用でたまに電車を利用したときは

周囲に老人が立っていると、
席を譲るようにしている。

一昨年の花見の帰り、
すっかり寝入った三歳の息子を、
抱っこして電車に乗りました。

歩きつかれたのと、
それまで子供を抱っこしていたのとで、
電車に乗った時点で疲労の極致。

すし詰めではないが、
空いている座席は見当たらない。

電車に乗るまでは妻と交互に抱っこしていたが、

車内で抱きかえると迷惑になるかな
と言うぐらいに混雑している。

下車する駅に着くまでの三十分は
抱き続けか、
かなりの地獄だなと
息子を抱えたまま悲痛な顔になると、

目の前に座っていた老人が立ち上がり

「座りなさい。ほら、ここ、ここ」

と席を譲ってくれた。

「いえいえ、平気です。
そんなわけにはいきません」

と、やせ我慢しようとしたら

「覚えてないんだね。
あんた、以前、私に
席を譲ってくれたじゃないか」

と、

「助かります」

と、妻に子供を抱かせて座らせた。

情けは人のためならずとは、
このことかと、ちょっと涙が出そうになった。

お爺さん、本当にありがとう。

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス