*

新しい家族に愛されて

公開日: : 感動する話

Pocket

一昨年の12月に
母に頼まれて届けものをするために
旦那と出掛けて行った。

そうしたら、
隣のアパートの一階のベランダに
女の子がいた。

届けものをして、
高齢の親戚宅の掃除などを
手伝ったりしていたので
4時間ほど居たのだが

帰りにふと見たら、
まだ子どもがベランダに居る。

ジャンプスーツ着てるとはいえ、
真冬に何やってんだ?

と思って話しかけた。

「何してるの?」

「おりゅすばーん」

「おうちの中にいないの?」

「おうちに入れないんだよー」

「!?」

ベランダ乗り越えて
窓動かそうとしたら
ガッチリ施錠してある・・・

そのまま、ベランダから外に出して

大家が私の親戚だったので、
親戚の家に行き
事情を説明。

親戚
「またか!!」

児童相談所と警察に通報して、
とりあえず子どもを風呂に入れた。

警察が来て、
両親の携帯に連絡してるのに帰ってこない。

通報されるのは5回目。

調べてみたら女の子は予防接種どころか
母子手帳もなく、野良出産。

よく今まで何もなかったなぁ…。

一昨年の夏までは
祖母宅にいたそうなのだが、
亡くなって親元に戻ってきていた。

その子の両親はクソッタレだ。

それどころか、
親戚みんながクソッタレだ。

そのクソッタレな親戚の話によると

旦那の本当の子どもじゃなく
奥さんが風俗で働いて居た時に出来た子。

極めつけには、
眠ってるままの女の子を

大家の庭の犬小屋前に置き去りにして
夜逃げしやがった。

そんな事があったらしい。

いろいろ巡り巡って
その女の子が家にいる。

長女として。

今月から年長からになるけど
幼稚園に通い出した。

施設にしばらく入ってたのだけど、
一連の話を見聞きしてた主人が

「迎えに行かない?」

と一言。

主人自身が、親の離婚で親戚の間を
たらい回しにされていた経験もあって、
ずっと気になってたそう。

小3の長男もいるのだけど
話をしたら、

「妹になってくれるかなぁ?」

って

なんで君たちそんないい人過ぎるのよ。

私の父に、旦那が

「俺らの子になって貰おうと思う」

って言った時
父が凄く泣いた。

父も母も賛成してくれた。

母は孫娘に憧れてたので喜んでた。

私も前置胎盤のせいで
子宮摘出してるから
2人目欲しくても無理だったし、

迷いはあったけど家に迎えた。

すごい素直ないい子だよ。

かわいいよ!

なんでこんな子置き去りにしてったの?!

ようやく正月明け位から
ママって呼んでくれるようになったよ。

絶対幸せにする!

息子が書き取り教えたり、
遊びに行くときも連れて行ったりする。

息子の友人たちにも
男女問わず遊んで貰ってる。

息子が宿題してるとき

「おにいちゃーん!」

突撃してっても
絶対に邪険にしない。

息子、男前すぎだと思った。

主人は、娘にかなり甘いので
パパっこになりそうな予感。

私の両親も
着せ替えするかのように洋服買ったり、
遊びに行ったり。

この前行ったディズニー

超楽しかった…。

娘が帰りたくない~!
って泣いてた。

すげぇいい人と結婚したなぁ私。

いい家族に恵まれたなぁ。

みんな大好き!

愛してるよ!

これからもっと大変になるだろうけど
頑張るぞ!!

AD googleアドセンス

関連記事

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

痛みを少しでも忘れられるように

重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性  動物を飼うということ。 その成長を見

記事を読む

思わず2度見てしまう!小林市PR動画がすごい!

https://youtu.be/jrAS3MDxCeA

記事を読む

約束の結婚式

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借

記事を読む

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

中学の頃、学校で いじめにあっていた。 教室に入れなくて いつも保険室に通っていた

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

5年前に飼っていた茶トラ猫が布団に入ってきた話

5年前に飼っていた茶トラ猫。 姉が家出同然で出ていってしまって家の雰囲気が暗かったので、私は家では

記事を読む

父は忘れる

『父は忘れる』 (リヴィングストン・ラーネッド)   坊や、きいておくれ。 おま

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑