幼馴染だった中学の同級生を妊娠させてから


幼馴染だった中学の同級生を妊娠させてからというもの、俺は学校すらロクに行かず必死に働いてきたつもりだった。

二十歳でやっと結婚させて貰えて、嫁に指輪とウエディングドレス、それと成人式で着てもらおうと振袖も贈った。

23歳で独立して、金銭的な不自由なんて無いと思えるだけの金額は毎月渡してきた。

それでいい、それだけでいい、それが結婚生活というものなんだと思ってたんだ。

思い返せば結婚してから15年、一度も「愛してるよ」なんて言葉は吐いたことが無い。

会話すらほとんど交わさなくなってるのに、毎朝弁当は作ってくれるし帰れば風呂の用意もしてくれる。

それが当たり前だと思っていた自分が、情けなくなって泣きそうになった。

だからきちんと思いを伝えようと決心してやっと昨日言えた。

久しぶりに帰ってきた娘と3人で晩飯食ってたときなんだけど、言おうと思ったら何故か涙が出てきた。

それを見つけた娘と嫁が??って顔してたけど、半ば叫び声で「いつもありがとう○○、愛してるよ」と言った。

そしたら嫁号泣、娘も何故か号泣、俺は既に号泣。3人泣きながら飯食い終わった時の娘の一言が効いた。

「私お父さんの子供でよかった」だとさ…

俺はもう何も思い残すことは無い。

******************************

お父さんのたった一言で家族がひとつになり、

その一言でさらに娘さんが感動の一言を・・・

奥さんは嬉しさで涙が止まらない

ちょっとした一言だけど、なかなか言えない。

でも、その影響は大きいね。

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス