*

幼馴染だった中学の同級生を妊娠させてから

公開日: : 感動する話

Pocket

幼馴染だった中学の同級生を妊娠させてからというもの、俺は学校すらロクに行かず必死に働いてきたつもりだった。

二十歳でやっと結婚させて貰えて、嫁に指輪とウエディングドレス、それと成人式で着てもらおうと振袖も贈った。

23歳で独立して、金銭的な不自由なんて無いと思えるだけの金額は毎月渡してきた。

それでいい、それだけでいい、それが結婚生活というものなんだと思ってたんだ。

思い返せば結婚してから15年、一度も「愛してるよ」なんて言葉は吐いたことが無い。

会話すらほとんど交わさなくなってるのに、毎朝弁当は作ってくれるし帰れば風呂の用意もしてくれる。

それが当たり前だと思っていた自分が、情けなくなって泣きそうになった。

だからきちんと思いを伝えようと決心してやっと昨日言えた。

久しぶりに帰ってきた娘と3人で晩飯食ってたときなんだけど、言おうと思ったら何故か涙が出てきた。

それを見つけた娘と嫁が??って顔してたけど、半ば叫び声で「いつもありがとう○○、愛してるよ」と言った。

そしたら嫁号泣、娘も何故か号泣、俺は既に号泣。3人泣きながら飯食い終わった時の娘の一言が効いた。

「私お父さんの子供でよかった」だとさ…

俺はもう何も思い残すことは無い。

******************************

お父さんのたった一言で家族がひとつになり、

その一言でさらに娘さんが感動の一言を・・・

奥さんは嬉しさで涙が止まらない

ちょっとした一言だけど、なかなか言えない。

でも、その影響は大きいね。

AD googleアドセンス

関連記事

僕は誇らしかった

僕が幼稚園の頃の事だ。 まだ東北新幹線も上越新幹線も建設中で、一部区間を試験車両だけが走ってた時代

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私

記事を読む

日本女性の「3歩下がってついていく」本当の意味

https://youtu.be/21sLqIZ4fMA 昔から、「日本の女性は、男性から3歩下が

記事を読む

胎内記憶

「胎内記憶」ってご存知ですか? 妊娠中のママのお腹にいる赤ちゃんは いろいろなことを 覚え

記事を読む

やしきたかじんさんが愛されてきた理由

1999年10月5日。大阪・フェスティバルホール。50歳の誕生日を迎えた歌手・やしきたかじんさんは1

記事を読む

ばあちゃんと自転車

俺、老人苦手。 「おばあちゃんこ」とか「おじいちゃんこ」とかってスゴイ。 老人慣れしてるヤツ

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。無気

記事を読む

手のかからない子に手をかけて

分娩台の上で産声を上げたときから 赤ちゃんは泣き始めます そして、泣き続けます その声

記事を読む

超話題のNO.1 結婚式余興ムービー

結婚式余興サプライズ「麻里子の教室」寿ビデオ大賞授賞作品 ☆☆寿ビデオ大賞授賞作品☆☆「めざま

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑