*

耳の不自由な女性

公開日: : 最終更新日:2014/04/21 感動する話

Pocket

2年ほど前の話ですが。

その日バス乗ってたんですょ。
そしたら耳の不自由な女性が
乗ろぅとしたみたぃで声にならなぃ声と
身振り手振りで運転手さんに話し掛けてました。

運転手さんゎ困った様子でした。
そしたら急に後ろのほぅに乗ってたさっきからうるさかったちょっとチャラ2した男子高校生がバックからノートとペンを持って男子高校生が汚い字で

「どぅしました?」

すると女性ゎ
「〇〇に停まりますか?」

男子高校生
「はぃ。止まりますよ」

それだけでもすごぃって思って見てたのに
そしたら男子高校生その女性の手を
軽くひっぱり自分の席にあった荷物どかして席を譲ってたんです。

何もしなかった私ゎすごく恥ずかしぃ気持ちになりました。
物騒な事件が多いけど世の中捨てたもんぢゃなぃねって思いました。

AD googleアドセンス

関連記事

『THE MANZAI』

昨年12月に行われた『THE MANZAI』決勝では惜しくも3位だった、アルコ&ピース。 大会

記事を読む

伝える手段

電車で障害のある方が呻き声を出した。 それを見ていた男子高生が「きめぇー」って でかい声で笑

記事を読む

かわいそうな柿

昔24時間営業のスーパーで働いてた。 この時期はただえさえ寒いうえに店内冷房ですごく寒かったな。

記事を読む

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

ばあちゃんと自転車

俺、老人苦手。 「おばあちゃんこ」とか「おじいちゃんこ」とかってスゴイ。 老人慣れしてるヤツ

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

ワールドカップ最終節で見せた心優しきスウェーデン代表MFキム・シェルストレームのちょっぴり泣ける良い話

サッカーという競技の美しさに、 選手とピッチに入場する少年少女たちの姿がある。 彼ら彼女らの

記事を読む

ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話

ある時、エリクソン博士の旅行先にお金持ちのおばあさんが訪ねてきました。 「私はお金に不自由は全くな

記事を読む

最後の夕日

一月一日の 「初日の出」を拝む人はいるけれど 十二月三十一日の 「最後の夕日」

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑