*

シバ、ごめんよぉ

公開日: : 泣ける話

Pocket

俺が中学2年生の時、田んぼ道に
捨てられていた子犬を拾った。

名前はシバ。

雑種だったけど、柴犬そっくりで、
オトンがシバと名づけた。

シバが子犬の頃、
学校から帰ってきては
いつもかまっていた俺。

寝るときも、
ご飯のときも、
起きる時間も、
全部一緒だった。

なんで、
ずっとそんな風に愛して
やれなかったんだろう。

俺が高校にあがり、
仲間もたくさんできて
悪さをするようになった頃。

もう俺はシバをかまうことは
なくなっていた。

シバが遊ぼう、と飛びついてきても、
「邪魔や!」と振り払った。
世話はいつしかオカンとオトンばかりが
するようになった。

いつしかシバも俺を見ても、
尻尾さえふらなくなった。

そして俺は高校中退。
遊び呆けて家にも長いこと
帰らなくなっていた。

そんなとき、携帯が鳴った。

「シバが、車にひかれて…
病院連れてったけど、

もうアカンっていわれた。」

オカンからだった。

「はぁ?なんやいきなり。
あのバカ犬が死ぬわけないやん」

俺は軽く考えていた。

「とりあえず、帰ってき。
今、シバ家に連れて帰ってきたから…」

正直めんどくさかった。

どうせもう、俺を見ても喜びもせんし、
もしかしたら忘れてるかもしれん。

俺は重い腰をもちあげ、
居座っている仲間の家を
出て実家へ戻った。

玄関先に繋いでるはずの
シバの姿はない。

家に入ると、
俺は目を見開いた。

布団のようなものをかけられ、
ぐったりしているシバ。

そしてオカンが優しく体を撫でていた。

「リードちぎって脱走しててん。

そんでひかれよったらしい…

近所の中井さんが教えてくれたわ」

オカンの目には涙がたまっていた。

俺の体にじっとりと嫌な汗がにじむ。

「最初はなんでシバが
脱走したんかわからんかったけど…

中井さんが、
青い原付を必死に追いかけてたって…

そんで後ろからきた車に
ひかれたんやって。

そう教えてくれたわ」

俺はその言葉に息をのんだ。

青い…原付…

俺の原付も、同じ青色だ。

「多分、よその人の原付を、
あんたやと思ったんやろなぁ。」

オカンの目から涙があふれた。

そして、俺の目にも、気づけば涙。

初めてシバを拾ってきた光景が頭に浮かぶ。

シバの横へ、俺は腰をおろした。

シバが痛々しいからだを、
少し持ち上げる。

すると…
フンフンと鼻を鳴らし、尻尾をふった。

俺は何かがはじけたように
泣きじゃくった。

シバを拾ったあの日。

最後まで面倒みると誓ったはずだった。

ずっとこいつと生きていくと
決めたはずだった。

シバがいつか死ぬときは、
笑顔で送り出してやろう、
だからそれまでいっぱいの
愛情で接してやろうと…

あの頃、誓ったのは自分自身だったのに。

「シバ、ごめんよぉ。
俺いつもお前のこと無視して…
お前はいつも俺のこと見てたんやな。

許してくれや、シバっ…」

そう言ってシバの体を撫でた。

ペロペロとシバが俺の手をなめる。

それと同時に俺の手につく…

シバの血。

オカンも声をあげ泣いていた。

「いつもあんたぐらいの男の子が、
家の前通るたび、
シバ、ずーっと見つめててん。」

オカンの言葉が、
さらに俺の涙をあふれさす。

「シバ、逝かんでくれやぁ。
また一緒に遊ぼうやぁっ・・」

視界が涙でかすんだとき、
シバがキュンキュンと声をあげた。

そして頭を俺の膝の上にのせ、

まるで、
俺に、

「生きたいよ」と言ってるようで…

涙がとまらんかった。

代わってやりたかった。

そしてシバは、そのあとすぐ

息をひきとった。

シバが死んで、6年。

今でもシバの命日には、
シバの大好物だったササミを
玄関においておく。

たまに猫がつまみ食いするけど、
優しいシバのことやけん、
黙って見とるんやろな…

シバ。

お前のおかげで、
自分の愚かさをしった。

ありがとう。

ほんまに、
ありがとう。。。

そして、ごめんな。

大好きやで、シバ。

俺がいつか死んで、
そっちに行ったら、

また俺の愛犬になってくれ。

そんときはもう絶対、
そばからはなれんから。

約束するよ。

今度はもう、
自分自身に嘘はつかん。

今、これを書いてる俺…

フ、と目に手をやる。

気づけば、涙。

******************************

愛犬は立派な家族。

たいていの場合は自分よりも早く死んでしまう。

そこから学ぶことも多いです。

だからこそ、一緒に居られる間は絶対に後悔しないように、目いっぱいの愛情をかけてあげてください!

AD googleアドセンス

関連記事

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれていました。 ですがある日突

記事を読む

いい子にするので、パパを返して下さい。

4歳になる娘が 字を教えてほしいと いってきたので、 どうせ、直ぐに飽きるだろうと 思い

記事を読む

社会ってそういうものよ

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円! もう丸一日以上何も食べて

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

滑り台の所に車椅子が一台停まってる

犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。 彼らは滑り台で遊んでたんだが、

記事を読む

もうすぐ死を迎える飼い犬のつぶやき

おかーさん。 なんでボクだけ、ハダカんぼうやったん? おかーさん。 なんでボクだけ、シッポ

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

愛猫の最期

物心ついた時からずっと 一緒だった猫が病気になった。いつものように私が名前を呼んでも、腕のなか

記事を読む

no image

おれが小学生の時、事故で両親が…

おれが小学生の時、事故で両親が死んだ。 その後親戚中をタライ回しにされた。 おれが「高校

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑