*

どんどん「子どもがやる気を出す」魔法のほめ言葉

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 魔法の言葉

Pocket

子どものやる気を伸ばしたい……。そう思っていても、どうしたらいいのか、結構悩んでしまいませんか?

そんなときは、育児コンサルタント&プラス思考育児.JP主宰の佐藤めぐみさんの著書『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』で紹介されている心理学テクニックを参考にしてみてください。

以下から、その詳細を簡単にご説明します。これを試すと、子どもが自信をつけて、どんどんやる気を出すようになりますよ!

■子どもがぐんぐん伸びる“ほめ習慣”

子どものやる気を伸ばすには、“内発的やる気”と呼ばれる“自分の中から自然と湧き出る気力で物事に取り組むパワー”を上手に育むことが大切です。

最強は、ママのほめ言葉。純粋なやる気を伸ばすために、ほめ言葉を惜しみなく、たくさんかけてあげてください。

とはいえ、とっさに言葉が出なくて、うまくほめられないこともありますよね。そうならないためには、以下のような習慣を心がけるといいです。

(1)「いつもいつも」を使ってほめる

「いつも頑張っているね」というように、“いつも+ほめ言葉”と組み合わせると、子どもは心の部分までほめられたと感じて、自信が湧いてきます。

「いつも」以外に、「ずっと」「次も」「これからも」もやる気につながる言葉です。

(2)「あれも」「これも」と複数でほめる

「あれもこれもできるね」と、いいことを雪だるま式にかき集めてどんどんほめると、子どもの可能性が伸びます。

(3)「●●な子」で存在を全肯定する

「××ちゃんは●●な子ね」とほめると、子どもが自分のことを「大切にされる価値がある存在」だと肯定的に思えるようになります。

(4)子どもをほめるときは自分(ママ)もほめる

子どもをほめるとともに自分自身にもねぎらいの言葉をかけると、気分が晴れやかになります。すると、育児に前向きな気持ちになり、親子でますます輝けるようになります。

(5)ほめるタイミングを逃さない

子どもがコップを置いた瞬間に「お手伝いしてくれて、ママ、助かっちゃう」とすかさずほめると、その子の自発的な行動を強化する役割を果たします。すかさずほめることを繰り返しましょう。

(6)「痛かったでしょ」ではなく「頑張ったね」を使う

転んだとき、すぐに「痛かったでしょ」と助け起こしてしまうより、立ち上がるまで少し待って「頑張ったね」とほめてあげた方がいいです。

こうすると、その子の欲求をダイレクトに満たすことができます。

(7)叱るのは少しだけほめるのはたくさん

子どもが悪いことをしたときは叱らずに、大目に見てあげましょう。そして、よかった部分、頑張った部分を認めて、そこをほめるようにしましょう。

■子どもの存在をまるごと肯定する“ほめ言葉”

上記(3)の、「××ちゃんは●●な子ね」の●●部分には、以下のような言葉を入れてみてください。

(1)元気な子ね

(2)たくましい子ね

(3)楽しい子ね

(4)明るい子ね

(5)親切な子ね

(6)やさしい子ね

(7)気がつく子ね

(8)努力家ね

(9)ガンバリ屋さんね

(10)強い子ねor粘り強い子ね

—————————

このように子どもの性格や心をほめてあげるだけで、「自分のことが大好き」と感じることができ、伸び伸びとまっすぐ育ってくれます。

もちろん、ポジティブな形容詞があれば、積極的に使ってOKです。丸ごとほめて、やる気を伸ばしていきましょう!
q00076

AD googleアドセンス

関連記事

唯一 生き残るもの

もっとも強い者が生き残るのではなく、 もっとも賢い者が生き残るのでもない。 唯一生き残るのは、変

記事を読む

おばあちゃんの名言

嘘つかれたときは怒るよりも先に 「嘘をつかせてしまうほど人を追い詰めるな」 「100点の女

記事を読む

亡霊のしわざ

ディズニーランドにホーンテッドマンションというアトラクションがあります。 乗り物に乗ってお化け

記事を読む

こんな同僚とはつきあうな!という5か条

一、後ろ向きの予定表で    行動しているタイプの人間。 一、陰で噂を立てたり、    悪

記事を読む

世界はとても単純にできている

歌が上手くなりたいなら、たくさん歌いなさい。 絵が上手くなりたいなら、たくさん描きなさい。 夢を

記事を読む

自分の花

名もない草も実をつける  いのちいっぱいの花をさかせて 相田みつを

記事を読む

「疲れた・忙しい」という言葉は

「疲れた・忙しい」という言葉は 「頑張った・充実してる」に置き換えよう そして「ため息」が出

記事を読む

若く産んだら”若すぎる”

若く産んだら”若すぎる” 遅く産んだら”遅すぎる” 一人産んだら”一人だけ?” 沢山産んだら”

記事を読む

批判的な人と付き合うと、自分も批判的になります

批判的な人と付き合うと、自分も批判的になります。 幸せな人たちと付き合うと、幸せについて学ぶでしょ

記事を読む

人はいつ死ぬと思う?

人はいつ死ぬと思う?  心臓をピストルで打ち抜かれた時。違う! 不治の病に冒された時。違う!! 

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑