*

尊い命に感謝すると言う事

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 泣ける話

Pocket

去年の8月…
私は妊娠しました。

その年に見た桜があまりにも
印象的だったため、その子を
『桜』と名付けました。

私はそれまで仕事が忙しく
病院とは無縁の生活でした。。

久々の検診台にドキドキしながら
『ついで』のガン検診も一緒に
受ける事に。

1週間後に『中度~高度異形成』
さらに詳しい検査で『上皮内癌』
という診断結果に。

私の癌治療の手術が決まり、
9月6日…
お腹の赤ちゃんは天使になりました。

…話が前後してしまいますが
私の両親は他界しています。
父親は16の時事故で、母親は19歳
の時、ガンでした。

母の名前は『公雅子(くがこ)』といって
この名前が大好きだった母の戒名
には『雅』という字を入れました。

しばらくして、生んであげられなか
った桜を供養して頂きにお寺さん
へ行きました。

戒名に希望の一文字を入れていた
だけるという事で
『桜』とお願いしました。

1ヶ月後、お位牌が出来上がったと
の連絡を受けそれを見た私に言葉を
失う程の衝撃が走りました。。

頂いた戒名は
『雅桜(がおう)』水子之霊位

私は涙が止まりませんでした。
本当に偶然でした。

住職に話をすると、
『お母様がきっとそばにいて
くださっているのでしょうね』
と言ってくださいました。

結婚して、子供ができても
どこか孤独を感じていた私は
今までもずっと母が見守って
いてくれていたのだと感謝しました。

この病気を教えてくれた妊娠は
偶然ではなく必然だったのでした。

誰かが私に教えてくれました。
実は『桜』はお父さんだった
かもね。って。

またとめどなく涙が溢れてきました。

親孝行もろくに出来なかった
私が今出来る事は両親の分まで
しっかりと、生きていくこと…
ただそれだけです。。
z00006

AD googleアドセンス

関連記事

18歳の回天特攻隊員の遺書

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。 本当ですよお母

記事を読む

余命宣告をうけたお父さん

もうすぐ51歳になる5月を目前に 余命宣告をうけたお父さん。 体調良くないわぁ。 とこぼし

記事を読む

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

足が痛いから入院するよ

親友からの電話。 『たいしたことはないから一週間くらいだって』 笑いながらの連絡だった。 『そ

記事を読む

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くなってから4年後に届く手紙。

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

3年前に父親が死にました。

3年前に父親が死にました。 自営業だった工場が倒産して借金だけが残って それを返済するために他か

記事を読む

プロ野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個

記事を読む

情けは人の為ならず

通勤で電車を利用しないけど、 私用でたまに電車を利用したときは 周囲に老人が立っていると、

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑