*

チョコレート

公開日: : 最終更新日:2014/04/06 泣ける話

Pocket

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。

元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ねていくごとに弱っていくような感じだった。

冬なんて学校を休むのはいつもの事だった。
ちょっとした事で熱を出したり、それが悪化して肺炎になったり。
今年は入院もした。それくらい弱かった。

ある冬の日、学校から帰ってきて夕飯を食べた後。
ゴロゴロしていたらチョコレートが食べたくなったので近所のスーパーに買いに行こうとした。
家から300m程のかなり近いス―パで、よく行く店だった。
だが両親は寒いからダメだと言った。

わたしは「それくらいいいだろう…」と思った。
いくら体が弱いとはいえ、近所のスーパーくらいいいだろうと思ったのだ。

しばらく反論していたが、すると父親はわたしが先月入院した話をもってきた。
「そうやって寒い時に外出するから風邪を引くんだ。
それが悪化して肺炎になってお前は1週間も入院したじゃないか」と。

わたしはチョコレートが買いに行けないとか
お菓子が食べられないとかそういうのじゃなくて、
自分の身体の弱さで行動を制限される事が悔しかった。

身体が弱いから、正直外出してもしなくても倒れる時は倒れる。
だけど父はそれを聞いてくれなかった。

「お前は体が弱いから」

そう言われる事が悔しくて悲しくて、
情けない事にわたしは泣いてしまった。
そのまま布団に行って泣きながら眠った。

数日後。
昼食をつくるためにキッチンへ。
戸棚の下にある引きだしにパスタがあったので開けると、
そこには板チョコレートが何枚も入っていた。

祖母に理由を聞くと
「あんたのお父さんとお母さんが、あんたが夜の寒い時にチョコレート食べたいって言い出したらいつでも食べられるようにって買って来たんだよ。ばあちゃんも最初見た時はびっくりした」
と笑いながら話していた。

父と母はわたしがどうしてもチョコレートが食べたくて泣いたんだと思ったらしい。

何枚もの板チョコを見て、わたしは泣きそうになった。
もう自分の身体の弱さを自覚してわがままを言わないようにしようと思った。

AD googleアドセンス

関連記事

受け入れる心~感謝の心~

お釈迦様は、 この世の苦しみ・悲しみの根元は、 「思いどおりにならないこと」 と悟りました。

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

13年後のクレヨンしんちゃん

~シロ、オラ、待ってるから・・・~ 僕はシロ しんちゃんのともだち。 十三年前

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。   新郎新

記事を読む

結婚式サプライズ「麻里子の教室」寿ビデオ大賞授賞

「ありがとう。」 夫からの目隠しの先に待っていた結末とは・・・?!

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

いい子にするので、パパを返して下さい。

4歳になる娘が 字を教えてほしいと いってきたので、 どうせ、直ぐに飽きるだろうと 思い

記事を読む

私の父は、若くして亡くなりました。

私の父は、若くして亡くなりました。 同僚が机に突っ伏して倒れている父を見つけた時、 まだ父は42

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑