*

今年、母が亡くなった。

公開日: : 泣ける話

Pocket

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようになった。

母親には罵声を浴びせ、家に帰らない日々が続いた。

高校卒業と同時に家出同然に実家を出た。
最初のうちはそれでも住所くらいは伝えていたが、住所を何度か変えるうちいつの間にか両親との連絡は一切途絶えてしまっていた。

唯一電話番号を教えていた(それでも一切連絡のなかった)弟から電話が来たのは、俺の彼女のお腹に子供がいることが判明した今年2月の事だった。

母が倒れたと言う。

両親に対する反抗心はもうなかったが、いまさら帰るのは正直億劫だった。
母が深刻な状態などとは思ってもいなかった。
それでも行く気になったのは、彼女を紹介しようと考えたからだ。

母親が亡くなったのは、翌日俺たちが高速道路を走っている頃だったらしい。

久しぶりに会った親父はひどく小さな背中をしていた。相変わらずの無骨な声で、「よう」だか「おう」だか一言発しただけだった。

母は俺の記憶とは全く違う老いた顔で、それでも安らかな表情で眠っていた。涙は出なかった。

葬儀も終わって一週間位たった頃、親父から俺宛にひとつの段ボール箱が届いた。

中身は父の無骨な字で書かれた「母さんの形見だ」というメッセージと大量の手紙、そして、ひとつの指輪だった。

百通以上はあろうかという手紙は、すべて母が俺に宛てて書いたもので、 俺が家を出た頃から書いていたらしい。

母らしい丁寧な字で ひたすら俺のことを心配する、そして自分の不甲斐なさを俺に詫びる内容だった。

それらの手紙は、親父らしからぬ几帳面さできちんと順番に梱包されていた。

同封されていた指輪にも一通の手紙が添えられていた。
「この指輪は、私のお母さん、つまりあなたのおばあちゃんの形見です。
私が結婚するときにもらったものです。
あなたにいい人ができたら、この指輪をプレゼントしてあげてください。
私の両親や私たちのように、幸せな家庭を築いてください。」

俺は指輪と手紙を彼女に渡して、黙って寝室に行った。

しばらくして彼女が真っ暗な部屋に入ってきて、俺の背中に背中を合わせて座った。すすり泣いていた。

その時、「あぁ、泣いてもいいんだ」と思った。

涙が出てきた。止まらなかった。母さんごめんな。そしてありがとう。

生まれてくる娘の名前には、あなたから一文字頂きます。

あなたに返せなかった愛情を、そのぶんこの子に与えられるように。

そして、あなたの優しさや強さをこの子に伝えるために。

******************************

いつまでもわが子を思う母親の気持ちは変わりません。

思春期、反抗期などで両親に逆らってみるのも必要だとは思いますが、それは一時の話。
時間は取り戻せません。

母親は自分を責めて、決して自分の子供を悪くいうようなことはありませんよね。

AD googleアドセンス

関連記事

生まれながらに才能のある者は

生まれながらに才能のある者は、 それを頼んで鍛錬を怠る、 自惚れる。 しかし、 生まれつきの

記事を読む

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

【犬の遺言】

人間は死ぬとき 遺言を書いて、 愛する人に全てを残すという ボクにもそういう事ができるなら

記事を読む

ピアノ

佐賀県鳥栖市の小学校へ二人の若い特攻隊員が走ってきました。 「自分たちはピアニストを目指してい

記事を読む

いい子にするので、パパを返して下さい。

4歳になる娘が 字を教えてほしいと いってきたので、 どうせ、直ぐに飽きるだろうと 思い

記事を読む

冷えたオムライス

小学生の頃、一人っ子で、鍵っ子だったぼくの土曜日の昼食は冷えたオムライスだった。 毎週といっていい

記事を読む

あずさからのメッセージ

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ま

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

成人式の日

成人式の日、 それは美容室にとって、 大いに気合いが入る日。 その年の成人式も

記事を読む

特攻隊員の手紙

特攻隊の教官だった年配者の一人は、教え子が続々と出撃していく中で「必ずオレも後に続く!」と約束を繰り

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑