*

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

公開日: : 恋愛, 泣ける話

Pocket

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

 

新郎新婦のふたりが結婚式をすると決めたのは、入院中の新婦のお母様がいたからでした。ガンを宣告されて、もう退院するのは難しいだろうと言われ、どうしてもお母様に自分の花嫁姿を見せたかったのです。

しかし、もともと新郎新婦のふたりが遠距離だったため、仕事やお互いの事情で都合がつかず、なかなか早く結婚式を挙げることができませんでした。結婚式に参加できるかも分からないお母様のために前撮りで自分の花嫁姿を見せようと考え、その時は病院の近くまで撮影に行き、なんとかお母様に新郎新婦の晴れ姿を見せることができました。

ですが、結婚式には間に合わず、お母様は天国へ逝ってしまいました。そのため、結婚式を挙げることをとりやめ、お母様が亡くなられて3年がたったころ、再び結婚式を挙げることになったお二人。その結婚式で、なんとお母様からのビデオメッセージが流れたのです。

もう自分の命が短いということ、結婚式には参加できないということを分かったうえで二人にお祝のメッセージを撮っていたのです。久しぶりに見るお母様の姿、心から晴れ姿を見て喜んでいるお母様を見て、新郎新婦の二人、そして周りの家族の方、出席している多くの人が涙しました。

なんといっても、お母様のメッセージ“生まれてくる孫におばあちゃんがいなくてごめんね”という言葉には多くの人が涙しました。家族の絆を感じることができる感動的な結婚式となりました。

AD googleアドセンス

関連記事

辛いことは必ず終わる

何を信じたらいいのか わからなくなる   本当なのか嘘なのか 嘘つかれてるのか 真実なのか

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

プロ野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

最低のふたり

言いたいことを言い合ってるときは 『 最低のふたり』だけど それを聞き合って許し合って

記事を読む

淡い日々

当時私には好きな人Aがいました。 Aとはとにかく気が合って、 放課後は二人で遅くまで教室に 残

記事を読む

泣いた赤鬼

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家

記事を読む

彼女は彼氏の8倍の悲しみを

悲しい事に直面すると、 その女性の強さ、 弱さには関係がなく、 女性は男性の8倍の 心身的ス

記事を読む

悲しいときは話を聞いてくれる

嬉しいときは一緒に喜んでくれる。 苦しいときはそばにいてくれる。 楽しいときは一緒に笑っ

記事を読む

喧嘩のルール

過去を持ち出さないこと 他人と比べないこと 食事中にしないこと 物に当たらないこと 名前で呼

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑