*

お母さんのハンバーグ弁当の味

公開日: : 最終更新日:2021/01/25 感動する話

Pocket

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。

なので料理は基本的に父が作っていた。
ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。
でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、とうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。
時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。
しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。
不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。
弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。
母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。
そして後日、その定食屋に行って見た。
定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。それの定食を頼んだ。
そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。
たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。
腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

AD googleアドセンス

関連記事

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

おとん いつもありがとう

おとんの小銭入れがくったくたになっていたので父の日のプレゼントに買った かぶっちゃいけないと思って

記事を読む

いってらっしゃい

もう二十年位前の話です。 私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず、施設に預け

記事を読む

迷彩服のヒーロー 事故から救ってくれた自衛隊員への話

数年前の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていま

記事を読む

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

とある夫婦の日常

嫁は妊娠中。 ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって後ろから抱き締

記事を読む

今日から一年間

お酒を一滴でも飲まないで下さい。 タバコもダメです。 スポーツは全て禁止、エステやマッサージも当

記事を読む

「俺が守ってやるから」 兄妹の感動する話

中学の頃、学校で いじめにあっていた。 教室に入れなくて いつも保険室に通っていた

記事を読む

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑