*

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

公開日: : 泣ける話

Pocket

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。

私は、小さい時からよくじぃちゃん家に泊まりに行ってました。

泊まりに行くたびにいろんな事を教えてくれました。

本当に優しくてみんなから頼りにされていて絶対にツライと言わない人でした。

じぃちゃんの病名は「肝臓ガン」。

その事は、私の親夫婦と叔父夫婦だけにつげられました。

私達孫とじぃちゃんとばぁちゃんは何も知らず、3年間は今まで通りの生活をしていたのでした。

しかし、だんだん病気が進行し入退院を繰り返すようになりました。

検査入院だと本人や周りに嘘をついていた叔父夫婦や親夫婦もとても辛かったと思います。

じぃちゃんはお見舞いに行くたびに決まって「いつ帰れるんだ」と聞いていました。

早く帰って仕事がしたいと…

そんな体じゃなかったのに…

お腹が妊婦さんのようにふくれあがり、ご飯が食べれなくなって息も苦しそうで家に帰ってきても寝てるばかりでした。

そして、ツライはずなのに明るく笑うのです。

そして最後の入院。

その時に私達やばぁちゃんに「今度が最後の入院だ」と言う事がしらされました。

実感がわかず、ただ早く病院に行きたいと思いました。

1週間後じぃちゃんは亡くなりました。

じぃちゃんの最後は親戚みんなにみとられ、静かに最後までツライと言わず安らかな顔でじぃちゃんらしく亡くなりました。

じぃちゃんの人柄か、お葬式にはたくさんの人が来てくれてみんな泣いて悲しんでくれました。

みんなじぃちゃんに感謝していました。

後日、遺品整理をしていると一冊のノートがでてきました。

それはツライ中もうろうとした意識の中で書いたノートでした。

そこには

「もうかんねんした。亡き父母弟が迎えにきた。

もう長くない…(自分が病気なのを)黙っていたのはすべて私を思ってのため、辛かっただろう。

ありがとう。もうあきらめよう。楽しかった。ありがとう…」

と、最後に入院する日に家で書いたらしい…

じぃちゃんは全部わかってたんだ…

だから最後の入院では、家に帰りたいって言わなかったんだ。

もっといっぱい喋ればよかった。

もっと優しくすればよかった。

もっと感謝すればよかった。

でも、いつか言ってた「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」って。

その言葉忘れない。

優しい気持ち忘れない。

じぃちゃんみたいに、みんなに頼られて誰にでも優しくて明るくてがまん強い人になる。

ありがとう。

じぃちゃん…忘れないよ…

 

引用先

AD googleアドセンス

関連記事

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

おふくろからの1本の電話。「お父さんが…死んでたって…」死んだじゃなくて、死んでた?親父とは小さ

記事を読む

私の父は、若くして亡くなりました。

私の父は、若くして亡くなりました。 同僚が机に突っ伏して倒れている父を見つけた時、 まだ父は42

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

18歳の回天特攻隊員の遺書

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。 本当ですよお母

記事を読む

葬式って悲しいな

今も忘れない帰り道のこと、 ダチが「葬式って悲しいな」って 言った。 「そりゃそう

記事を読む

チョコレート

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ね

記事を読む

生まれてくれてありがとう

私は母親です。 出産後まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

母のお弁当日記

私の母は昔から体が弱くて、 それが理由かは知らないが、 母の作る弁当はお世辞にも華やか とは言

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑