*

傘をくれた天使

公開日: : 感動する話

Pocket

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫の家族と同居していた私は姑たちともうまくいってなくて、ほとんど育児ノイローゼ寸前でした。

それでも家事はしなければいけないし、娘も私のイライラがうつったのかグズって泣き止もうとしません。途方に暮れながらも、お米が切れているのを思い出し、娘を抱っこして買い物に出ました。

お米と食材を買い、そのままどこか消えてしまいたい気持ちでいっぱいな私に追い打ちをかけるように雨が降り出しました。

傘もないし、もう走る気力もない、どこまでついてないんだろう……。

娘と一緒に自分も泣き出しそうだったその瞬間、「ボロボロの傘でよかったら」と知らない青年が少しくたびれた傘を渡してくれました。

すごく優しい声で、まっすぐ私を見て傘を手渡す彼が天使に見えました。娘もその優しい声に触れたのか、すぐに泣き止んでニコニコしだしました。

最近は娘にも優しくできず、こんな笑顔を見たのは久しぶりかも、いや娘の笑顔に関心を持てないほど心がすさんでいたのかな、と思うと心から後悔しました。

旦那と結婚したときの幸せな気持ち、娘が生まれたときに「天使が生まれた」と一緒になって喜んだときの気持ちを思い出しました。

思わず涙があふれそうになり、娘を見ると笑顔で私を見つめています。この子の笑顔を見るためなら頑張れる、旦那に対しても感謝の気持ちを忘れていたかもしれない、そう思いました。

旦那はいつも譲歩してくれるのに、私はイライラしてぶつけてばかり。反省していること、感謝していること、これからも一緒に頑張りたいことをその夜旦那に伝えて仲直りし、旦那もできるだけサポートするからと言ってくれました。

あのときの青年は、天の使いだったんじゃないかと今でも思います。傘を見るたび、がんばろうって思えるようになりました。

https://www.minden.jp/clover/couple-cry-tale/

AD googleアドセンス

関連記事

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

自分の人生の幸せに対する「覚悟」

「何を持っているか」「何が足りないか」ではなく、 自分の人生の幸せに対する「覚悟」がすべてを決めま

記事を読む

【祈りの手】

いまから500年ほど前、ドイツのニュルンベルグの町に 「デューラー」と「ハンス」という若者がい

記事を読む

『ドラえもん最終回・動画版』

と言ってもYoutubeから。 時間にして7分ほどですので、時間を作ってぜひご覧ください。 のび

記事を読む

天国からの映像

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私

記事を読む

手のかからない子に手をかけて

分娩台の上で産声を上げたときから 赤ちゃんは泣き始めます そして、泣き続けます その声

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

約束の結婚式

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借

記事を読む

こんな日常の出来事が

お友達家族と、 森の中のアスレチック広場に遊びに行きました。 息子とお友達、お父さん方、お母

記事を読む

SMAPが涙した、元メンバー森且行からの手紙

2014年7月末 SMAPが27時間テレビの総合司会をつとめ 番組クライマックス これまで

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

クリスマスの夜のケーキ屋で。小さな女の子がケーキを買おうとしたけど・・・

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験し

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

→もっと見る


PAGE TOP ↑