*

大雨の日の約束

公開日: : 恋愛

Pocket

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボロボロになって現れた僕をみて、『どうしてボロボロになってまで続けるの?』と問いかけられます。僕は答えません。
それはある大雨の日に僕が僕と約束したからだ、って。

僕は普通の大学生で、大した取り柄もなく、頭だって良くないし、お世辞にもカッコいいなんて言える男じゃない。だからせめてアイツが、自分の彼氏は強いんだって自慢出来るくらいの男になりたい。

友達に僕の事を馬鹿にされて喧嘩してしまい、その事を友人経由で知った僕が『ごめん』
と言って彼女を抱きしめると、彼女は泣き出してしまった。その時だった。どんなにボロボロになってでも僕は強くなる事を、大雨の日に心に決めた。

こんな事でしか自慢にしてあげられなくてごめん。それと、支えてくれてありがとう。もう少しだから、待っててくれ。体が完全に壊れる前には、きっと自慢できる男になってるからさ。
その日まで僕はあの大雨の日を忘れない。

AD googleアドセンス

関連記事

50年一緒に居られる?

たとえば30歳で結婚して 80歳まで生きれば、 50年一緒に居られる。 でも残業で9時に帰って

記事を読む

失望しないで仲良くしている夫婦もいっぱいいますよね!!!

『女性は男性が変わってくれることを望んで結婚し、 男性は女性が変わらないことを望んで結婚する。

記事を読む

恋愛の名言

女性が綺麗になる方法は二つあります。 「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。

記事を読む

幸せになれる女性のポイント10個

1・ 素直な女   :人の意見を聞く耳を持っている 2・自由な女   :自立している

記事を読む

思春期・・・のバレンタイン

中学の時、隣のクラスの夏帆系のとても可愛い子がいた。 家が近所で帰り道でたまに会うと 「おはよう

記事を読む

がむしゃらだった、初恋 すべてを捧げた泣ける話

学生の頃、大好きだった人がいました。好きで、好きで、好きで。17歳から、22歳まで。5年間、彼のこと

記事を読む

帰ってきてくれた

昨年の夏休みの話 会ったこともない遠い親戚の葬式。親父が出席するはずだったんだけど、どうしても

記事を読む

最低のふたり

言いたいことを言い合ってるときは 『 最低のふたり』だけど それを聞き合って許し合って

記事を読む

辛いことは必ず終わる

何を信じたらいいのか わからなくなる   本当なのか嘘なのか 嘘つかれてるのか 真実なのか

記事を読む

人生は、かけ算だ。

人生は、かけ算だ。 どんなにチャンスがあっても、 君が「ゼロ」なら、 意味がない。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑