*

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

公開日: : 感動する話, 泣ける話 , ,

Pocket

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた

絵は上手じゃない

ただ、どうにかして形に残したかったらしい
ほぼ毎日、赤ん坊の俺を一生懸命描いてた
絵の隣に『キゲンが悪いのかな??』とか『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで

小学四年生の時、家に遊びに来た友達数人に、そのアルバムを発見された
めちゃくちゃ笑われて、貧乏を馬鹿にされた

友達が帰って直ぐ、俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた

パートから帰って来た母さんがそれを見つけて、泣きだした
破いた理由を言っても、変わらず泣き続けた

翌朝起きると、居間で母さんがゴミ箱から絵の破片を集めてセロハンテープでとめてた
「恥ずかしい思いさせてごめんね。でもね、これ、母さんの宝物なんよ」
申し訳なさそうに優しくそう言われると、涙が溢れ、俺はごめんなさいと謝った

AD googleアドセンス

関連記事

全身の筋肉が骨化する難病と闘う女性の強さと美しさが人々の心をつかむ

英国で、難病におかされたある女性のドキュメンタリー番組が放映された。 病に屈しないその生き方、

記事を読む

ある都内の若手ナースの実話です

私は都内でナースをしています。 これは二年ほど前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持

記事を読む

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。

記事を読む

嫁の連れ子の一人娘の結婚式

一人娘の結婚式 俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 お前はもらわれていく。 土曜日、一人娘の結婚式

記事を読む

奇跡

これは私が小学校一年の時の話です。 私には年上のいとこがいてとても 面倒見が良く毎日のように

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

no image

日本航空の国際線「客室乗務員」(フライトアテンダント)15年働いているベテランの方のお話

この方、経営者や、政治家、プロスポーツ選手など、これまでに多くの方と一緒のフライトをしてきたんですが

記事を読む

死ぬときに後悔すること25

1000人の死を見届けた医師である大津秀一さんの、 「死ぬときに後悔すること25」(致知出版社

記事を読む

自慢のお母さんが乳癌で亡くなった

私の父は私が5歳のときに白血病で亡くなりました。 それからは母が働き、祖母が私と弟の面倒をみるよう

記事を読む

突然だけど、母親のこと子供にどう話してる?

突然だけど、母親のこと子供にどう話してる? 俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑