*

あの父親が泣いていたのは夢か事実か。。。

公開日: : ちょっといい話 , , , ,

Pocket

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、
夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。
大人が泣くのを見るのは、記憶の限りその時が初めてで、
しかも父はとにかく強くてかっこいい!と信じていたので、凄く吃驚して変に印象に残ってる。
その後、何度か確認する機会があったが、父がいつも
「夢でも見たんだろう」と言っていたので、何しろ幼児の頃の記憶だし、自分もそう思うようになっていた。

が、20年以上の歳月を経て、父はついに白状した。
当時、とにかく忙しい職場に勤めていた父は、朝は私が起き出す前に出勤。夜は就寝後に帰宅の日々。
寝顔をそっと覗き見るのが日課で、このままでは娘に顔を忘れられてしまうと不安に思っていたらしい。
そんなある日、いつものように寝顔を眺めていると、私が目を覚ましてしまった。
やばい、良く寝ていたのに、ぐずってしまうかも知れない…父が焦っていると、
私が寝ぼけ眼のまま「おとーしゃんだ」と言って、ニッコリと笑ったらしい。
ろくに顔をあわせることもできず、たまの休みにも疲れ果てて寝ていることが多い。
しかもこんな夜中に起こされて、それでもこの子は自分の顔を見て喜んでくれるのか、
こんなふうに笑ってくれるのか、と思ったら、愛しさが込み上げて思わず泣いてしまったらしい。
それがどうにも恥ずかしくて照れくさくて、どうしても本当のことが言えなかった。
嘘付いててスマン!と告白される結婚式前夜。
内心は萌えつつも、明日目が腫れたらど-してくれる!!と私が切れたので、笑い話になったが、
父が涙を流していたあの記憶は、私にとって良い思い出になった。

AD googleアドセンス

関連記事

かっこいい人って

かっこいい人って 『計算』ではなく 『情熱』をベースに 行動してる人じゃない?

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

電車で席を奪い取ろうとする老人に対し、若者が放った言葉とは・・・

電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度 私の向かい側座席の前には男性1

記事を読む

父親の娘への愛情

私がまだ若かった頃の話・・ 17歳だったかな・・・ その頃には親公認で煙草、酒・・ 子供の頃か

記事を読む

極楽と地獄の違い

ちょうど銭湯へ行きますと、男湯と女湯が並んで あるように、地獄湯と極楽湯は並んであります。 その

記事を読む

分娩室から出たら父がいた

分娩室から出たら父がいた  「よく頑張ったね」頭をぐしゃぐしゃになでてくれた  いつぶり

記事を読む

前向きに考えれば全てうまくいくよ

「恐れるよりも望もう。  愚痴るよりも深く息を吸おう。  駄弁る(だべる)よりも語ろう。  憎

記事を読む

幸運のきかい

来る日も来る日も満員電車に揺られ、古新聞の数だけ退屈が増えていく代わり映えのしない日々。 そんなあ

記事を読む

おやすみ、ありがとう

今日という一日が終わり、 あなたが眠りにつく そのときにね、 自分自身に 「おやすみ、ありが

記事を読む

見ると良い事がある虹色の雲

‘‘見ると良い事がある虹色の雲‘‘ この虹色の雲は「彩雲」と呼ばれ非常に縁起のいい雲だそうです。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

→もっと見る


PAGE TOP ↑