*

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

公開日: : 泣ける話

Pocket

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」
私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。

5匹いたのですが、次々と飼い主が決まりとうとう1匹だけになりました。

その猫を「ゆめ」と言う名前にしました。毎日一緒で、私が怖がりなのを知ってか知らずか、お風呂に入ればマットの上で私がお風呂を上がるのをじーっと待っていてくれる子でした
私が帰ると玄関でちょこんと座って待っていてくれるんです。

悲しいことがあるとなぐさめてくれるかのようにずっと隣にいてくれました。

ゆめは私のたからものなんです。
私が20歳をすぎると、初めて彼氏ができました。彼氏もゆめを可愛がってくれて。すごく嬉しかったのを覚えています。

付き合って2年たち、同棲するようになりました。ゆめの事が心配で、妹や母にようすを聞いていたのですが、「毎日夕方になると玄関で待ってるよ。帰ってこないよって教えてもずーっとまってるよ。」

次の日家に帰るとゆめは待っていてくれました。

玄関でちょこんとお座りして。

同棲から1年、結婚しこどもができました。11月31日予定日でした。

出産予定日1か月前、実家に帰りました。

こどもを産んだらゆめと一緒に遊びたいなぁなんて考えては1人にやけてました。

ところが、予定日10日前頃からゆめが元気がなくなりました。いつもいっている病院に連れていったら「この薬を飲んでいれば大丈夫です。」といわれ飲ませていましたが、2日たっても3日たっても元気になるどころかだんだん衰弱するのがわかりました。

別の病院に連れていくとレントゲンをとりました。先生がレントゲンを指して「なぜか体の中に膿が大量にあります。」といわれ即入院。
私が帰るとき、今までなかなかったゆめが「なんでおいてくの?」「私もいく」と言うように精いっぱいなくのです。

これが私の聞いた最後の声になるとは思いませんでした。

帰り道不安で不安で、泣きながら車を運転しました。

その日の夜中、なんと陣痛が来てしまいました。母に病院につれていってもらいましたが、なかなか出てきてくれませんでした。ようやく夕方無事、女の子が産まれました。

入院中もゆめが心配で母にゆめの具合を聞いてました。

そしたら、26日の朝、夢をみたんです。元気なゆめ。一緒に遊んでるゆめ。あとにも先にもゆめの夢はこれ1回きりでした。

あ!きっとゆめは大丈夫なんだ!と思い、その日お見舞いに来た母にいつもと同じに聞いたら少し返事を濁しました。
「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」
と。

そして退院しました。

何日か過ぎたある日、母が言わなきゃいけないことがあるんだよ。と言いました。

実家に帰ると、ゆめが冷たくなっていました。本当は寝てるんじゃないのって思うくらい寝てるようにしか見えません。

でも抱っこしても、固くて冷たいのです。

母に聞くと、26日の朝に病院から電話が来たそうです。

最後の最後、私はゆめを知らない場所で、一人ぼっちであっちにいかせてしまった。
後悔しか残りませんでした。

母にも辛い嘘をつかせ続けてしまいました。

これを書いている今でも涙が止まりません。

あの時どうすればゆめは今でも生きていてくれたのか。

その事が頭から離れません。

あれから2年。娘は2歳になりました。

いま、私に似て猫がだいすきです。

ゆめへ
私はゆめにあえてスゴくすごく幸せだったよ。ゆめは幸せだったかな?
最近娘が、ねこいる!っていうんだよ。
偶然かもしれないけど、わたしはゆめだったらいいなって思うんだよ。
もし会えるなら、夢でもおばけでもいいから会いたいよ。
最後1人にぼっちにしてごめんね。
いつも待たせてごめんね。
向こうでも待たせちゃうね。ごめん。
私のところに来てくれて、本当にありがとう。
だいすきだよ。

AD googleアドセンス

関連記事

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょ

記事を読む

3年前に父親が死にました。

3年前に父親が死にました。 自営業だった工場が倒産して借金だけが残って それを返済するために他か

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

クソ親父と思ったこともあったけど

この夏の七月二十九日、弔問のため九十九里に赴いた。 弔問客は四十人くらいであったが、私にと

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

【犬の遺言】

人間は死ぬとき 遺言を書いて、 愛する人に全てを残すという ボクにもそういう事ができるなら

記事を読む

no image

日本航空の国際線「客室乗務員」(フライトアテンダント)15年働いているベテランの方のお話

この方、経営者や、政治家、プロスポーツ選手など、これまでに多くの方と一緒のフライトをしてきたんですが

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【泣ける話】大好きな旦那様へ…ガンで死んだ妻から4年後に届いた手紙とは

https://youtu.be/XyMC5FBImk4 亡くな

感動する話 5歳の息子がヤクザを泣かせてしまった話 -youtubeより-

https://youtu.be/8RcTqomO0OA やくざ

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

→もっと見る


PAGE TOP ↑