台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

Pocket

おふくろからの1本の電話。
「お父さんが…死んでたって…」
死んだじゃなくて、死んでた?
親父とは小さい頃に離婚しててまともに会話すらした事がなく思い出もない。
借金背おって自分の事しか考えず家族はそっちのけ。

とにかく自分本位でおふくろはいつも愚痴ばかり溢してた。

ただ、そんな親父の小さい頃の話しを聞くと母親に捨てられ施設で育ったらしい。

愛情に欠けて生きてきたから仕方ないのかと思った時もあった。

お祖父さんは帰化申請をした朝鮮人。
小さい頃から
「朝鮮人はあっちいけ」
とバカにされてたらしい。

自分も親になって少しは親父の気持ちも分かり始めた時であった。

最後に会ったのは3年前、
子供と一緒に飯を食いに。

相変わらず何一つ喋らず、
黙々と食べ終わって帰ったっけな。

糖尿病で病院に行く金もなく、
インスリンを半年も打たず部屋にはチョコとかコーラが大量だった。
座椅子に座ったまま苦しんだ形跡もなく、
10日後に発見。

新年迎える前日だったらしい。

台所には甘口のカレーの作りかけの後があった。

ちゃんと作っておいてやったよ…

ちゃんと食ってやったよ…

涙が止まらなかった。

なんで言ってくれなかった!

最後の最後まで迷惑かけやがって!

一緒に酒飲みたかったなー、
温泉行きたかったなー。

親父らしい最後だったのかもしれないな…

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス