*

台所には甘口のカレーの作りかけ。離別した父の最期。

公開日: : 泣ける話

Pocket

おふくろからの1本の電話。
「お父さんが…死んでたって…」
死んだじゃなくて、死んでた?
親父とは小さい頃に離婚しててまともに会話すらした事がなく思い出もない。
借金背おって自分の事しか考えず家族はそっちのけ。

とにかく自分本位でおふくろはいつも愚痴ばかり溢してた。

ただ、そんな親父の小さい頃の話しを聞くと母親に捨てられ施設で育ったらしい。

愛情に欠けて生きてきたから仕方ないのかと思った時もあった。

お祖父さんは帰化申請をした朝鮮人。
小さい頃から
「朝鮮人はあっちいけ」
とバカにされてたらしい。

自分も親になって少しは親父の気持ちも分かり始めた時であった。

最後に会ったのは3年前、
子供と一緒に飯を食いに。

相変わらず何一つ喋らず、
黙々と食べ終わって帰ったっけな。

糖尿病で病院に行く金もなく、
インスリンを半年も打たず部屋にはチョコとかコーラが大量だった。
座椅子に座ったまま苦しんだ形跡もなく、
10日後に発見。

新年迎える前日だったらしい。

台所には甘口のカレーの作りかけの後があった。

ちゃんと作っておいてやったよ…

ちゃんと食ってやったよ…

涙が止まらなかった。

なんで言ってくれなかった!

最後の最後まで迷惑かけやがって!

一緒に酒飲みたかったなー、
温泉行きたかったなー。

親父らしい最後だったのかもしれないな…

AD googleアドセンス

関連記事

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよくじぃちゃん家に泊まりに行ってま

記事を読む

私が会った子どもたちは みんな可愛かった

私が会った子どもたちは みんな可愛かった。 笑っている子ども、 ふざけている子ども、 赤ちゃ

記事を読む

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょ

記事を読む

お母さんの宝物

自分の目の前に子どもがいるという状況を 当たり前だと思わないでほしいんです。 自分が子どもを授か

記事を読む

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。 そんなに怖がられるような奴ではなかっ

記事を読む

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑