*

「余命3か月」あなたは何が出来ますか?

公開日: : 泣ける話

Pocket

すごい普通に生きてきたら取り返しのつかないガンになってた。
で、先月の26日に、あと3ヶ月くらいしか生きられないって言われた。今、ムリ言って退院して、いろんな人に会いに行ってる。
湿っぽくなるのが嫌だから、事情は話さないで、
体調の良い日は友達とかお世話になった人といつもと変わらない感じでご飯食べに行ってる。
昨日は高校時代の恩師と行った。
その人は私にバイクに乗らないかと薦めてくれた人で、
夏場たまにツーリングに一緒に行ってた。
バイク、もう乗れないから、その人に譲ろうと思ってた。会ったら、やっぱり先生はバイクで来ていて、かなり羨ましかった。で、ご飯食べながら、いろいろ話した。
高校時代のことや、卒業してからもいろんな相談に乗ってもらって、
すごい嬉しかったってこと。
そしたら、
「お前(=私)が最近他の奴ら(=当時からの付き合いの友達とか)と
そういう話をしてて、様子がおかしいって聞いた。なんかあったか?」
と聞かれた。

絶対他の奴らには言わないでって約束して、病気のことと余命のことを話した。
そして、先生にバイクを譲るってことも言った。
大事に乗り続けるって約束してくれた。
店を出てから、先生に「まだ元気あるか?」と聞かれた。
「座ってる分には大丈夫」と答えると、ちょっと待っててと言って、バイクで颯爽と走り去った。
何だかわからないけど、泣けた。

しばらく店の駐車場で待っていたら、先生がホームセンターでメットを買ってきた。
それを私にくれて、「後ろ乗って」と言った。
先生の腰に回した私の手はすごく頼りなくなっていて、
すぐに振り落とされそうだった。
「乗りたいけどムリですわ」と私が言うと、先生が、着ていたTシャツを脱いで、
私の手をくくりつけてくれた。先生も泣いてた。それから、初めて一緒に走った、近くの登山道へ行った。
そのときとは違って、すごくゆっくりだったけど。

展望台みたいになってるところでバイク停めて、ベンチで休んだ。
先生は
「このあと、すごく苦しむかもしれないし、辛いこともいっぱいあると思う。
そのときは呼んでくれれば行くから。
生きてて良かったと思えることを、まだまだ作ろう。
まだ○○(私の名前)は生きてるよ。諦めるな」
と言ってくれた。2人して号泣した。誰に話していいかわからないから、ここに書かせてもらいました。
週明けに病院戻ることに決めました。
正直、昨日告知されてからはじめて、まだ生きてたいと思えたから。
わからないけど、もう少しあがいてみます。
自己満な文章でごめんなさい。
行ってきます。(冗談でも「逝ってきます」とは書けません

AD googleアドセンス

関連記事

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

彼と半年前別れました。思い切り憎まれて別れました。

彼と半年前別れました。 思い切り憎まれて別れました。 ・・・・余命宣告を今日受けました。 間に

記事を読む

もうこの世に居ない8歳の弟の日記 

もうこの世に居ない 8歳の弟の日記を見た。 弟の調子が悪そうだったので、 病院に連

記事を読む

あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。

私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。 メス一匹とオス三匹。 内、オス二匹は病気やら

記事を読む

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。 そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決ま

記事を読む

【過去からの手紙】

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫ったこ

記事を読む

友達を亡くしたことで生きていることのすばらしさを知る話

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。 4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣

記事を読む

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワ

記事を読む

泣いた赤鬼

山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑