*

【神様がくれた耳】 スティービー・ワンダー

公開日: : ちょっといい話

Pocket

アメリカの学校で理科の授業中
実験に使っていたマウスが逃げ
どこに隠れたのかわからなくなった

女性の教師はみんなに探させたが
見つからない

そこで全員を席に着かせ
自信たっぷりにこう言った

「これだけ探して発見できないのなら
あとは、モリス君にお願いしましょう」

途端に、ちょっと待って何でアイツが
という声があちこちから起こった

教室はざわめき、一人が
「モリスには無理です」
と手を挙げて言った

実はモリスは目が不自由なのである
教師は答えた

「なるほど、確かに目が不自由です
だからモリス君には無理だと
みんなは思うかもしれません

でも、先生は知っています
モリス君は目が不自由でも
神様から素晴らしい能力をもらっています

聴力です

それを生かせば必ず
マウスを見つけてくれると
先生は信じています

モリス君、お願いできますか?」

そして、モリスは期待に応えて捜し出した
そして、日記にはこう書き残した

「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった
先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って
褒めてくれた

僕はそれまで目が不自由なことを
心の中で重荷に感じていた

でも先生が褒めてくれたことで
僕には大きな自信がついた」

このマウス事件から十数年
神の耳を生かして音楽の道に進んだ
スティービー・モリスは

シンガー・ソングライターとして
鮮烈なデビューを果たす

スティービー・ワンダーという名前で!

AD googleアドセンス

関連記事

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

実話です。 埼玉県川越市のKさん(15)。 両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が

記事を読む

入社試験

ある会社のお話しです。 その会社の社長は、次のようなことに気づかれたそうです。 ノウハウや制度ば

記事を読む

分娩室から出たら父がいた

分娩室から出たら父がいた  「よく頑張ったね」頭をぐしゃぐしゃになでてくれた  いつぶり

記事を読む

子 に込められた想い

女の子の名前でよく見る「子」という字には ただ単に子供の「子」ではなく、 「一」(はじめ

記事を読む

あのとき頑張ってよかった!

どんなに今が辛くても いつかは 「あのとき頑張ってよかった!」 って思える時が来るから。 そ

記事を読む

赤ちゃんの気持ち

あなたは、いまどんな気持ちでしょうか。 生まれる直前まで、赤ちゃんは可愛くて、いつでも無条件

記事を読む

豹変した盲導犬

毎朝、私が通勤する途中に、 見かけていた盲導犬。 交通量の多い交差点で、 いつも彼が信号待

記事を読む

極楽と地獄の違い

ちょうど銭湯へ行きますと、男湯と女湯が並んで あるように、地獄湯と極楽湯は並んであります。 その

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

幸せでいるために必要なこと

1 笑顔でいる 2 いつでも自分らしくいる 3 人とは比べない 4 友達を大切にする 5 今

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑