*

【神様がくれた耳】 スティービー・ワンダー

公開日: : ちょっといい話

Pocket

アメリカの学校で理科の授業中
実験に使っていたマウスが逃げ
どこに隠れたのかわからなくなった

女性の教師はみんなに探させたが
見つからない

そこで全員を席に着かせ
自信たっぷりにこう言った

「これだけ探して発見できないのなら
あとは、モリス君にお願いしましょう」

途端に、ちょっと待って何でアイツが
という声があちこちから起こった

教室はざわめき、一人が
「モリスには無理です」
と手を挙げて言った

実はモリスは目が不自由なのである
教師は答えた

「なるほど、確かに目が不自由です
だからモリス君には無理だと
みんなは思うかもしれません

でも、先生は知っています
モリス君は目が不自由でも
神様から素晴らしい能力をもらっています

聴力です

それを生かせば必ず
マウスを見つけてくれると
先生は信じています

モリス君、お願いできますか?」

そして、モリスは期待に応えて捜し出した
そして、日記にはこう書き残した

「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった
先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って
褒めてくれた

僕はそれまで目が不自由なことを
心の中で重荷に感じていた

でも先生が褒めてくれたことで
僕には大きな自信がついた」

このマウス事件から十数年
神の耳を生かして音楽の道に進んだ
スティービー・モリスは

シンガー・ソングライターとして
鮮烈なデビューを果たす

スティービー・ワンダーという名前で!

AD googleアドセンス

関連記事

抱きしめることが言葉より雄弁な時もある

(「死にたい」「手首を切った」、そんな相談に 水谷さんはどのように答えているのですか、の質問に)

記事を読む

おっちょこちょいの子供

初めての妊娠で初期流産しました。   その時友達が   「あんたに似て おっちょこちょいな

記事を読む

かっこいい人って

かっこいい人って 『計算』ではなく 『情熱』をベースに 行動してる人じゃない?

記事を読む

おやすみ、ありがとう

今日という一日が終わり、 あなたが眠りにつく そのときにね、 自分自身に 「おやすみ、ありが

記事を読む

電車のドア前に座り込むJK5人組が邪魔!

「は?向うからお降りたらいーじゃんwみてわかんねーの?うちら座ってんじゃん!」 すると一緒にい

記事を読む

パスワードを自分の目標にしたら人生が変わったよ!

パソコンを使用するときに行う「パスワード入力」。 この面倒なパスワード入力の作業に一手間を加えるこ

記事を読む

no image

ノーラッド・トラックス・サンタ

1955年、コロラドにある大手スーパーシアーズが 子供向けにサンタのホットラインを乗せた広告を出し

記事を読む

天国と地獄

地獄にある食堂のテーブルの上には、たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。 食事の時間になると

記事を読む

見ると良い事がある虹色の雲

‘‘見ると良い事がある虹色の雲‘‘ この虹色の雲は「彩雲」と呼ばれ非常に縁起のいい雲だそうです。

記事を読む

君が代の歌詞の意味

“あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になる

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑