*

もうこの世に居ない8歳の弟の日記 

公開日: : 泣ける話

Pocket

もうこの世に居ない

8歳の弟の日記を見た。

弟の調子が悪そうだったので、

病院に連れて行った時、

余命宣告された。

俺も、母さんも

父さんも泣いてた。

俺のうちの近くには、

小さな商店街が有った。

俺は商店街の人たちに頼みこみ、

弟に最高の日々を

送らせてあげて下さいと

頼んだ。

死ぬ30日前

「みんなぼくが歩くと

やさしくなる。

ぼくは王さまになったんだ!」

20日前

「ねこちゃんを

いじめてたやつをおこった。

やおやのおじちゃんも

いっしょに言ってくれた。

ぼくは王さまだから、

だれにも

ふこうにさせないようにする」

ちょうど10日前くらいに、

容態が急変し、

入院することになった。

9日前

「びょういんには

ほかの子もいて楽しい、

おせきがでるとくるしいけど、

ぼくは王さまだから

なさけないところはみせない!」

3日前

「みんながどうしてるか気になる、

王さまはお兄ちゃんに

すこしまかせたから、

ぼくは元気になったら

また王さまになるんだ」

1日前

震えた字で

「くるしいけどがまん、

だれにもくるしいところは見せない。

だってぼくはこの町の王さまだから」

と書いてあった。

AD googleアドセンス

関連記事

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

ひとつ上のお兄ちゃん

三歳ぐらいの時から、毎日のように遊んでくれた1コ上の兄ちゃんがいた。 成績優秀でスポーツ万能。しか

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

チョコレート

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ね

記事を読む

愛猫の最期

物心ついた時からずっと 一緒だった猫が病気になった。いつものように私が名前を呼んでも、腕のなか

記事を読む

小学生の時僕はイジメられていた

無視されたり叩かれたり・・・。死にたいとは思わなかったけど、学校に行くのはとても辛かった。イジメをす

記事を読む

あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。

私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。 メス一匹とオス三匹。 内、オス二匹は病気やら

記事を読む

人事を尽くして天命を待つ?【天命にまかせて人事を尽くす】

【天命にまかせて人事を尽くす】 未来は勝手に向こうから やってきます。 未来からや

記事を読む

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

記事を読む

娘の結婚式

1ヵ月後に挙式を控えた新婦のお母様から電話がありました。 「あの、バージンロードのことなんです

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

ウェディングドレスが白色の理由は?

結婚式に参列していた小さな男の子が母親に訪ねた 男の子:「ママ。あの

結婚式の入場曲がドラクエだったら?

近くにいる女子社員2人の会話(゚Д゚)→   A

ほのぼのするオカメインコの話

前にここでオカメインコがオカアサンオハヨって言葉を覚えたって 書いた

→もっと見る


PAGE TOP ↑