直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話


実話です。
埼玉県川越市のKさん(15)。
両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が学べる日本航空石川高の魅力は捨てがたい。
「推薦でダメだったら公立高校にする」が 約束だった。

16日午後11時半、JR長岡駅(新潟県)。
新幹線から乗り換える予定だった夜行列車が、折からの大雪で運休になってしまった。

「もう間に合わない」

同時に夢は「終わった」と思った。
母とともに立ちすくむ静かなホームで、涙が止まらなくなった。
泣いている瑠美子さんを母が

「絶対あきらめない」

とたしなめた。

そして、長岡駅を出た母は娘にヒッチハイクを提案した。
瑠美子さんは車が通りかかるたびに傘を振り回して合図。
吹雪の中を約2時間半歩き続けた。

午前4時半、ガソリンスタンドで給油している大型トラックが目に入った。
運転手の男性に駆け寄った。
神戸に行くという運転手は

「金沢までなら」

と乗せてくれた。

「同じ中3の娘がいる」

と言う運転手はヨコヤマと名乗った。
夜が明けるころ、金沢に入った。

「よし、輪島まで 行っちゃる」

とヨコヤマさんが突然、向きを変えた。
母と瑠美子さんが会場に着いたのは午前9時。試験開始のわずか10分前だった。
ヨコヤマさんは

「がんばれよ」

と励まして去って行った。
連絡先は教えてくれなかった。

試験の作文の題は

「私が感動したこと」

大反対しながらも懸命に励ましてくれた母のこと。
遠回りして会場まで送ってくれたヨコヤマさんのこと。

「人の優しさにふれることができ、感動、感謝、他にも色々と感じることができ、良かった」

と懸命に書き上げた。

後日、合格通知が届いた。
真っ先にヨコヤマさんに知らせたかったが、連絡先はわからない。
瑠美子さんは「感謝の気持ちを周りの人に少しずつ返していきたい」と思っている。

z00808

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス