*

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

公開日: : ちょっといい話

Pocket

実話です。
埼玉県川越市のKさん(15)。
両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が学べる日本航空石川高の魅力は捨てがたい。
「推薦でダメだったら公立高校にする」が 約束だった。

16日午後11時半、JR長岡駅(新潟県)。
新幹線から乗り換える予定だった夜行列車が、折からの大雪で運休になってしまった。

「もう間に合わない」

同時に夢は「終わった」と思った。
母とともに立ちすくむ静かなホームで、涙が止まらなくなった。
泣いている瑠美子さんを母が

「絶対あきらめない」

とたしなめた。

そして、長岡駅を出た母は娘にヒッチハイクを提案した。
瑠美子さんは車が通りかかるたびに傘を振り回して合図。
吹雪の中を約2時間半歩き続けた。

午前4時半、ガソリンスタンドで給油している大型トラックが目に入った。
運転手の男性に駆け寄った。
神戸に行くという運転手は

「金沢までなら」

と乗せてくれた。

「同じ中3の娘がいる」

と言う運転手はヨコヤマと名乗った。
夜が明けるころ、金沢に入った。

「よし、輪島まで 行っちゃる」

とヨコヤマさんが突然、向きを変えた。
母と瑠美子さんが会場に着いたのは午前9時。試験開始のわずか10分前だった。
ヨコヤマさんは

「がんばれよ」

と励まして去って行った。
連絡先は教えてくれなかった。

試験の作文の題は

「私が感動したこと」

大反対しながらも懸命に励ましてくれた母のこと。
遠回りして会場まで送ってくれたヨコヤマさんのこと。

「人の優しさにふれることができ、感動、感謝、他にも色々と感じることができ、良かった」

と懸命に書き上げた。

後日、合格通知が届いた。
真っ先にヨコヤマさんに知らせたかったが、連絡先はわからない。
瑠美子さんは「感謝の気持ちを周りの人に少しずつ返していきたい」と思っている。

z00808

AD googleアドセンス

関連記事

「子を叱るのは親の責任」世界遺産の神社に置き紙 ネットに共感の声、書いた神職の思いとは

世界遺産にも登録されている京都の「宇治上神社」。この神社が作った参拝者向けの紙が話題になっています。

記事を読む

母親というものは

母親というものは 無欲なものです 我が子がどんなに偉くなるよりも どんなにお金持ちになるよりも

記事を読む

てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!

都内の某有名お花見スポットにお花見に行った時のこと。 その日は前日とは打って変わってやけに気温

記事を読む

無くしたものを思い出して凹んでいたら

無くしたものを思い出して凹んでいたら、 インド人がこんな話をして慰めてくれた。 「人間の指って、

記事を読む

相手が変わるのを待つより

相手が変わるのを待つより 自分が変わる方が早い。 環境が変わるのを待つより 自分で

記事を読む

おっちょこちょいの子供

初めての妊娠で初期流産しました。   その時友達が   「あんたに似て おっちょこちょいな

記事を読む

祈りは通じる

アメリカの研究でこんな実験がありました。 末期がん患者を無作為に選んで、 AとBの2つのグループ

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。     ちょっとしたことをされても   「

記事を読む

少しづつ進みましょうよ

ぜんぶ、いっぺんに 解決することなんてできやしない。 … ひとつずつしかできない。 あれをや

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑