親父の手


昔、子供の頃

よく親父と手を繋いで歩いた・・・

親と手を繋いでみてください・・・

40年ぶりに親父と手をつないだ

なぜか・・・少しやさしい気持ちになれた

なぜか・・・少し心がゆたかになって

なぜか・・・少し感動した

ちょっと前

八歳になる息子と

イルミネーションを見に行った

イルミネーションのトンネルの下で

息子と手を繋いで歩きながら色々と考えた・・・

「今年もここに息子と来ることができてシアワセだな・・・」

「来年もこうしてここで手を繋いで歩けるかな・・・」

「来年はまだ三年だから手を繋いでくれるかな・・・

でも、

再来年は四年生になるからだめかな・・・」

「こいつが二十歳になったら一緒に酒呑みたいな・・・」

次の瞬間・・・気がついた・・・

「親父も俺が子供の頃同じように思ったんだ・・・」

考えてみると

まだ一度も二人で呑んだ事はない・・・

もちろん小学生の頃から手を繋いだ事もない・・・

48歳になる自分でも

80歳になる父にとっては

永遠に子供・・・

きっかけを作り

「手を繋いでみよう・・・」と思った

親父の好きな八代亜紀を見に行き

その後居酒屋で呑んだ

酔った親父を介抱するふりをして

階段で手を繋いでみた・・・

40年ぶりの親父の手は

やわらかくて

小さくて

しわくちゃになっていた・・・

ふと子供の頃を思いだした

 
その瞬間涙があふれてきた・・・

ぬぐっても・・・ぬぐっても・・・

自分でもわけがわからないくらい・・・

自分はあの日から

少しやさしい人間になれた気がする・・・

あと何回息子と手を繋げるだろう・・・

あと何回親父と手を繋げるだろう・・・

親と手を繋いでみてください

_______

岡むら浪漫 facebook より

z00691

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス