*

最愛の妻と最愛の母のお話し

公開日: : ちょっといい話

Pocket

俺の家は貧乏だった。
運動会の日も授業参観の日さえも
オカンは働きに行っていた。
そんな家だった。
そんな俺の15歳の誕生日。
オカンが嬉しそうに俺にプレゼントを渡してくれた。
ミチコロンドンのトレーナーだった。
僕はありがとうと言いつつも恥ずかしくて着れないな
と内心思っていた。
━━━……
その夜考えていた。
差し歯を入れるお金もないオカン。
美容院に行くのは最高の贅沢。
手はかさかさで化粧なんて当然していない。
こんなトレーナー買うくらいなら他の事に使えよ……。
そんな事を考えながらもう何年も見ていないアルバムを見たくなった。
若いときのオカンが写っている。
えっ!
俺は目を疑った。
それはまるで別人だった。
綺麗に化粧をし健康的な肌に白い歯を覗かせながら笑ってる。
美人のオカンがいた。
俺は涙が止まらなくなった。
俺を育てる為に女を捨てたオカン。
ミチコロンドンのトレーナーを腕に抱きその夜は眠った記憶がある。
それから少しばかり時は流れ俺は高校卒業後の進路を考えなければいけない時期になっていた。
大学進学はとっくに諦めていた。
学校で三者面談が行われた時オカンが先生に向かって言った。
『大学に行かせるにはいくらお金がかかるのですか?』
俺は耳を疑った。
びっくりしている俺を横目にオカンは通帳を先生に見せて
『これで行けますか?』
と真っ直ぐな眼で先生を見つめた。
それから俺は死に物狂いで勉強し大学に合格することができた。
郷里を離れる際オカンが俺に真っ赤なマフラーを渡してくれた。
学費を稼ぎながらの大学の生活は
苦しくもあったがマフラーを見ると元気がでた。
それから時は流れ会計士になった俺は来年の春、結婚する。
そして生活を共にする……。
俺と最愛の妻と最愛の母とで。
なんとしても二人を守ってみせる。
色褪せたトレーナーとほつれたマフラーを前にして俺はそう誓った。
サンキュー、オカン!

z00802

AD googleアドセンス

関連記事

クリスマスの日の出来事

あるクリスマスの日の出来事です。 うちには6才の息子がいます。 我が家では、クリスマスイヴの

記事を読む

おっちょこちょいの子供

初めての妊娠で初期流産しました。   その時友達が   「あんたに似て おっちょこちょいな

記事を読む

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。     ちょっとしたことをされても   「

記事を読む

電車のドア前に座り込むJK5人組が邪魔!

「は?向うからお降りたらいーじゃんwみてわかんねーの?うちら座ってんじゃん!」 すると一緒にい

記事を読む

忘れられないクリスマス

22歳で結婚した俺は、嫁さんに幸せになってもらおうと、必死に働いた。 子供も2人生まれて、

記事を読む

てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!

都内の某有名お花見スポットにお花見に行った時のこと。 その日は前日とは打って変わってやけに気温

記事を読む

抱きしめることが言葉より雄弁な時もある

(「死にたい」「手首を切った」、そんな相談に 水谷さんはどのように答えているのですか、の質問に)

記事を読む

キングオブポップ、ロック&ソウル

「キングオブポップ、ロック&ソウル」 と称され伝説となったマイケルジャクソン。 もはや彼の説明は

記事を読む

幸せでいるために必要なこと

1 笑顔でいる 2 いつでも自分らしくいる 3 人とは比べない 4 友達を大切にする 5 今

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑