*

甘くてまずいコーヒー

公開日: : 恋愛

Pocket

飲み物の思い出になるんですが。
中学2年の時、遅い初恋をしました。相手の彼は目立たないけど
優しくて努力家な人で、本当に好きでした。
何も言えないまま中学を卒業し、別の高校に進学しました。
離れてしまえば忘れるかと思ったのですが、忘れるどころか
好きで会いたくてしかたなくて、思いきり告白しました。
「つきあって下さい」という私の言葉に、笑って「いいよ」。
初めてのデートはふたりで映画を見に行き、映画を見終わってから、
私は初めてつきあうからか何も話せず、彼は無口な人だったので、
お互い無言で歩き続けました。
ようやく話せた言葉は、「お腹空いたね。」
目についたロッテリアに入り、私はハンバーガーとアイスコーヒー
を注文したのですが、何故かこの時、コーヒーをブラックで飲む
のは可愛くないと思いました。甘いコーヒーは嫌いだったのに、
彼に可愛く思われたいあまり、無理してガムシロップとミルクを入れ、
飲んでいると、彼から「ごめん、やっぱりつきあえない」。
「分かった」と言うのが精一杯で、あとは甘くてまずいアイスコーヒー
を飲んでいました。
あれから6年、今は好きな人の前でもブラックのコーヒーを平気で
がばがば飲んでます。今度のデートでは、甘いコーヒーを
飲んでみようかな~、なんてな。

z00795

AD googleアドセンス

関連記事

淡い日々

当時私には好きな人Aがいました。 Aとはとにかく気が合って、 放課後は二人で遅くまで教室に 残

記事を読む

愛とか恋とか

自分のことを   考えてもらいたい   想ってもらいたい   自分のほしいものを  

記事を読む

悲しいときは話を聞いてくれる

嬉しいときは一緒に喜んでくれる。 苦しいときはそばにいてくれる。 楽しいときは一緒に笑っ

記事を読む

思春期・・・のバレンタイン

中学の時、隣のクラスの夏帆系のとても可愛い子がいた。 家が近所で帰り道でたまに会うと 「おはよう

記事を読む

男と女の嘘…

女は男の「 浮気 」を許し   男は女の「 嘘 」を許す       男は女の「 浮気

記事を読む

本当は会いたくて。

本当は会いたくて。 本当はそばにいたくて。 本当は触れたくて。 本当は抱き締めてほ

記事を読む

男はいい女が好きだけど

男はいい女が好きだけど 女はいい女だと思わせてくれる男が好き だから男は見て恋をして

記事を読む

死ぬまで忘れる事は無い暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしてた頃の話です。 当時私は二十代半ば、彼女も同じ年でした。

記事を読む

出会って別れて

出会って別れて やっと幸せになれる人を見付けて、 じゃあ最初からこの人と付き合っていたら

記事を読む

親戚のお姉ちゃんとキスした話

消防の夏休みの時に親戚の家に遊びに行った 親達は話に夢中だったので、俺はそこのお姉さん(当時高1)

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑