圭介って友達がいた。俺の親友だ。


圭介って友達がいた。
俺の親友だ。
何をするにも一緒だった。
周りから見たら気持ち悪いくらい。
そんくらい一緒だった。
喧嘩もした。
殴られた事もあったよな。
けど殴られてもそんな簡単に崩れてしまう
関係じゃない。
次の日には腫れた顔を見て笑っていた。
俺は心の中を全て話せる友達だった。
けどもう存在しない。
圭介は病気だった…。
俺は亡くなる1年前から知っていた。
そして圭介は2年前から知っていた。
5年も10年も生きられる病気じゃなかった。
自分のように俺は悔しくてこいつが死ぬわけ
ない…。
目の前でめちゃくちゃ笑っている圭介。
それを見て一緒になって笑っている俺。
互いに病気の事に触れる事は一度として
なかった。
互いに知っている圭介の病気の事。
それなのに俺らいつも笑っていた…。
それは二人でいる時は病気の事を忘れて
いたからだと思う。
こんなんでいいのか…。
って思う時もあった。
けど二人で会うのは生活の一部みたいに
なっていたから
当たり前のように二人で遊んでいた。
病気を知ってから半年くらい経った頃
だった。
俺が圭介の家に遊びに行った時のこと
圭介は風呂に入ってくると言った。
一人で煙草を吸っているとき机から気配
を感じた。
霊感とか全く持っていない俺がなぜか…。
机を開けると封筒が入っていた。
3通……。
一つに俺の名前が記されていた。
何も考えず開けてしまった。
遺言…。
立っていた俺は全身の血が爪先にいくような
感じで崩れ落ちた。
『けんごへ…
お前って本当馬鹿だよな。
まぁ負けじと俺もだけど。
でも楽しかったよな。
つーかありがとな。
なんかさ色々あったけど最高の友達だよ。
これをお前が読んでる頃には、
俺はバイバイってことかな。
まさか泣いてるんじゃねぇよな!?
俺はお前が泣いてる所なんか見たくねぇよ!
気持ちわりぃもん。
笑って送ってくれよ!
俺は笑ってるからよ。
けんご…
マジでマジでありがとう。
心から感謝してます。
出会えてよかった。
遊べて嬉しかった 。
笑いすぎて腹筋が痛くなっちゃった時もあったな。
全てお前のおかげだよ。
ありがとう。
お前頑張れよ!
俺が見守ってやる!
けんご…
死ぬことを知ってるってめちゃくちゃ辛いんだよ。
でもな俺…
お前と居た時はなんか忘れてたなぁ。
死ぬって事…。
お前は体に気をつけて俺の分まで頼む。
ありがとう、けんご。
そしてさようなら。
また遊ぼうな。
圭介より』
泣くしか出来なかった。
慌てて元の場所にしまったそこへ帰ってきた圭介。
泣いてる俺を見て悟ったのだろう。
『お前まさか…』
ごめん…。
『そっか…
読んじまったんならしょうがないよな。
持って帰れよ。
大事にしてな』
あいつの前で初めて泣いた。
涙を止めようとしても止まらなかった。
そっと圭介は俺の肩を抱いた
『けんご…
お前ももう知ってるように俺はこんな事を
書く状況まで追い込まれてる。
怖ぇよ…怖くて仕方ねぇよ。
でもお前といる時は忘れられるんだ。
頼む。
俺はお前の悲しむ姿は見たくない。
最後まで俺と笑っててくれねぇか…?』
俺は声にならなかった。
首を縦にふる事しか…。
それから半年。
あいつは亡くなった。
俺の大事な大事な友達。
ネタみたいだけど本当の話……。
俺は約束通り泣かないで最後まで笑った。
そして葬儀が終わって家で遺言を見てまた
大泣きした。
遺言は涙でぐしゃぐしゃになっていた……。
俺は一人で声を振り絞って部屋で独り言った。
『じゃあな…圭介』

z00792

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス