*

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

公開日: : 泣ける話

Pocket

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。

末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

余命宣告で半年が精一杯だって。

俺には娘がいる。

今年で10歳になるんだけど、マジで良い子なんだ。

母親いないんだけど、

グレずに真っ直ぐ育ってくれた。

ありがとう。

卒業式、見れそうにない。

ごめんな。

入学式、おめでとうって言ってやれそうにない。

ごめんな。

成人式、大きくなったお前を撫でてやれそうにない。

ごめんな。

本当にごめんな。

毎日、お前の笑う顔見て、お前の将来を思う。

どんな男と結婚するんだろうとか

どんな道に進むんだろうとか、孫の顔とか。

癌で死ぬ怖さより、

まだ小さいお前を1人にしちまうことが辛くて、苦しい。

謝っても謝りきれない。

だから、少しでもお前が笑えるように、

残った時間をお前と一緒に笑顔で過ごすよ。

安希、俺の娘に生まれてくれてありがとう。

z00790

AD googleアドセンス

関連記事

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

彼と半年前別れました。思い切り憎まれて別れました。

彼と半年前別れました。 思い切り憎まれて別れました。 ・・・・余命宣告を今日受けました。 間に

記事を読む

あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。

私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。 メス一匹とオス三匹。 内、オス二匹は病気やら

記事を読む

象のお墓 戦争の悲惨さが伝わる動物園の話

戦争の残酷さがひしひしと伝わります。 上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。 お日様

記事を読む

『ママからのビデオメッセージ』

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃん

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

小さな消防士

26歳の母親は、病院のベッドに横たわるわが子をただじっと見つめていた。 子どもは白血病で助かる見込

記事を読む

姉ちゃんの結婚が決まった夜

姉ちゃんの結婚が決まった夜 おふくろが死んでも涙こぼさなかった親父が 仏壇の前で号泣してたんだぜ

記事を読む

今日から一年間

お酒を一滴でも飲まないで下さい。 タバコもダメです。 スポーツは全て禁止、エステやマッサージも当

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑