*

ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話

公開日: : 最終更新日:2016/02/29 感動する話

Pocket

ある時、エリクソン博士の旅行先にお金持ちのおばあさんが訪ねてきました。
「私はお金に不自由は全くなく、大邸宅に住んでいます。
イタリアから取り寄せた見事な家具に囲まれて、
コックが毎日、素晴らしい料理を作ってくれます。
私は庭仕事が好きでしますが、ほかのことは全部メイドがやってくれます。
けれども私ほど不幸な者はいません。寂しくて寂しくてたまりません」
とその人は訴えました。
エリクソン博士はその話を黙って聞いていました。
『わかりました。あなたは教会に行きますか?』

「時々行きます」

『では、あなたが行っている教会で、その教会に属している人の
リストをもらいなさい。 そのリストに誕生日を書き入れてもらいなさい』
と言いました。

『あなたは庭仕事が好きといったけれど、園芸の中で
何をするのがいちばん好きですか?』
「アフリカすみれを育てるのがいちばん好きです。水やりも大変ですし
そう簡単には増えません。でも私はそれが上手にできます」
と老婦人は答えました。

『家に帰ったら、教会の人のリストを誕生日の順に並べなさい。
そして、誕生日が来た人のところに、
あなたが育てた花にきれいなカードを添えて置いてきなさい。
誰にも見つからないように、
そして、誰から来たかわからないようにするのですよ。
これが宿題です。
そのうちに、あなたがいちばん幸せな人になることを請け負います。
もし幸せになれなかったら、飛行機に4時間乗って
私のところにいらっしゃい』
と博士は言いました。
その老婦人は心が虚ろでたまらなかったので、
さっそくこれを試してみました。

博士から言われたとおりに、今月は誰が誕生日か調べ
きれいな鉢を作りました。

誰にも見つからないように、朝三時に起きてこっそり鉢を届けました。
そのうちに、そのことが町で評判になりました。
この町は素晴らしい町で、天使が誕生日にすみれの鉢を
お祝いに持って来てくれる、
という噂がたちました。

なぜなら贈り主がわからなかったからです。

その人はエリクソン博士に電話をかけて、

「誰にも気づかれないで宿題は成功しています」と報告しました。

博士は
『あなたはどうですか、まだ不幸ですか?』と聞きました。

老婦人は「えっ、私が不幸だなんて…」と答えました。

『あなたは半年前に私のところに来て、
「私ほど不幸な者はおりません。お金もあるし立派な家もあるけれど、
心の中は空っぽです」 と、私に話したではありませんか』
とエリクソン博士が言いました。

老婦人は
「そうでしたね。すっかり忘れていました」と答えました。

3ヶ月が経ってクリスマスがきました。

クリスマスの夜に、その老婦人からエリクソン博士に
また電話がかかってきました。

「先生、今日のクリスマスほど不思議なクリスマスはありませんでした。
庭師が大きな門のそばにクリスマスツリーを飾りました。
今朝、そのツリーの下に、クリスマスプレゼントが
たくさん置かれていました。
その贈り物には名前もなんにも書かれていません。
でもどれも私がほしいようなものでした。
いつも私がかぶっているような帽子だとか、いつもしている手袋と
ピッタリ合うスカーフなどが並んでいました。
花の種や新しい誕生日カードもたくさんありました。
いったい誰から贈られたのかわかりません」

町に住む1人のおばあさんが、明日は85歳になるから
老人ホームに入ろうと家族で相談していました。
そして、我が家で最後の誕生日を向かえ、皆に祝ってもらいました。
テーブルの上にきれいなすみれの鉢が置いてあるので、
おばあさんが「これは誰からのプレゼント」と聞きました。

「天使から」と家族中が答えました。

おばあさんは本当に天使からだと思いました
自分のことを思ってくれる人が家族以外にいる、
ということがとても嬉しかったのです。

老人ホームに行くのはとても寂しかったけれど、移っていく
勇気が湧いてきました。
この家族が、あんなにおばあさんの気持ちを変えるような贈り物を
してくれた人は誰だろうと調べました。
それが大邸宅の奥様だとわかりました。
何も不自由はしていないだろうけれども、自分たちも
同じことをしようと思い町中で相談して贈ったのです。
「自分の人生の中で、こんなにうれしいクリスマスを迎えたことはありません」
と老婦人は言いました。
エリクソン博士は
『“おたがいさま”という言葉があるように、あなたは喜んで
今日のプレゼントをもらっていいのですよ。
あなたが庭に種を蒔くと、その種は花になってあなたのところに返ってきます。
あなたは小さい種をいっぱい蒔いたから、立派な花になって
クリスマスに返ってきてくれたのですよ』
と言いました。

z00776

AD googleアドセンス

関連記事

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

お小遣い

あるところに少年と母親だけで暮らしている家族がありました。 少年と母親は助け合い、 貧しいながら

記事を読む

みんな違うのが当たり前

『考え方が違うから』 争う 『信じるものが違うから』 いがみ合う 『自分よりできるから』

記事を読む

永遠に残るもの

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。

記事を読む

バスの中で言葉の暴力を喰らった

10歳の息子がある病気を持っており、 車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり 一見ダルマ

記事を読む

迷彩服のヒーロー 事故から救ってくれた自衛隊員への話

数年前の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていま

記事を読む

古き良き時代

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった 8月の下旬にはもう夕方の風

記事を読む

死ぬときに後悔すること25

1000人の死を見届けた医師である大津秀一さんの、 「死ぬときに後悔すること25」(致知出版社

記事を読む

パパサンキュー

私の知り合いの若い女の子が、お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな その女の子は嬉しくて嬉しく

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑