*

「幸福の扉」 ヘレン・ケラー

公開日: : 最終更新日:2016/02/27 魔法の言葉

Pocket

「幸福の扉」というものは、
ひとつ閉まると、また別の扉が
開くものなのです。
しかし、人はその閉まった扉を
いつまでも見がちで、目の前に
開いた「次なる幸福の扉」があるのに、
それが目に入らず、気がつかない
だけなんです。

byヘレン・ケラー

z00774

AD googleアドセンス

関連記事

自然の様子をご覧なさい

自然の様子をご覧なさい。 木々、花々、草は 静寂の中で成長します。 星々、月、太陽をご覧なさい

記事を読む

誰も信じられない

「誰も信じられない」って言う人がいる。 でも本当は どこかでやっぱり人を信じたいって気持ちが

記事を読む

人生は「開き直る」ことが大切です。

人生は 「開き直る」 ことが大切です。 「開き直る」って 悪い言葉ではありません。 開き直

記事を読む

誰かの心を喜ばせる

僕たちは 「自分の心を喜ばせること」 に必死になるよりも 「誰かの心を喜ばせる」ことに ワク

記事を読む

傷つき打ちのめされても

傷つき打ちのめされても、 這い上がる力が欲しい。 人は皆、 弱虫を背負って

記事を読む

よくしゃべる人ほど

よくしゃべる人ほど本当は淋しがり屋 無口な人ほど話したいことがある 大好きな人ほど困らせ

記事を読む

最初の頃の新鮮さはなくなっていくかもしれない

長く一緒にいると 最初の頃の新鮮さはなくなっていくかもしれない。 でもそれに代わる何かができ

記事を読む

おもいやり算

人を笑顔にする算数 『+(たす)』 たすけあうと大きな力に 『-(ひく)』

記事を読む

十少十多の健康訓

食うこと少なくして、噛むことを多くせよ。   乗ること少なくして、歩くことを多くせよ。  

記事を読む

こんな人になりたい

「あたりまえ」を「ありがとう」と言える人 「だからなに」を「おめでとう」と言える人 「もうだめだ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑