*

母のお弁当日記

公開日: : 最終更新日:2014/12/08 泣ける話 ,

Pocket

私の母は昔から体が弱くて、
それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やか
とは言えないほど質素で見映えの
悪い物ばかりだった。

友達に見られるのが恥ずかしくて、
毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ
捨てていた。

ある朝母が嬉しそうに
「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ。」
と私に言ってきた。

私は生返事でそのまま学校へ行き、
こっそり中身を確認した。

すると確かに海老が入っていたが
殻剥きもめちゃくちゃだし、
彩りも悪いし、とても食べられなかった。

家に帰ると母は私に
「今日の弁当美味しかった?」
としつこく尋ねてきた。

私はその時イライラしていたし、
いつもの母の弁当に対する鬱憤も
溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!
もう作らなくていいから。」
とついきつく言ってしまった。

母は悲しそうに
「気付かなくてごめんね・・・。」

と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。

私の知らない病気だった。
母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。

中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない。」

日記はあの日で終わっていた。
後悔で涙がこぼれた。

出典
http://kandoustory.con-ple.com/

z00653

AD googleアドセンス

関連記事

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

機械音痴の母のデジカメの保存写真を見たら涙が止まらない

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。何

記事を読む

継母の日記

私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうこと

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑