*

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

公開日: : 感動する話, 泣ける話

Pocket

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。
  
都会からの転校生に田舎の生徒たちは、大変興味があって、
その子の廻りにやって来ては、
『それは何?』『その服はどこで買ったの?』
『その髪型は何と言うの?』といった質問を浴びせます。
しかし、その女の子はというと、内気でおとなしくシャイな
子供だったので、廻りの質問にちゃんと
答えられず、『わかんない』『お母さんに買ってもらった』
などと、恥ずかしがって答えていました。
クラスにはどこの学校にもいるような元気で活発な男の子が
いました。
  
その男の子は、勉強がそんなに出来る訳ではないのですが、
スポーツは得意で明るく、クラスのムードメーカーといった
立場でした。
時には、悪戯や悪ふざけが過ぎて他の子供を泣かせる
場面があり、先生も手を焼いているのですが、
何故かクラスの人気者でもありました。
  
そんなクラスである日その事件は起こったのです。
それは授業中でした。「先生、花の水を代えてきます」
その男の子は言うが早いか、教壇の横に置かれた花瓶を
手にすると走り出しました。
今まで花の水を気にしたのを見たことがありませんし、
ましてや静まり返った授業中の出来事です。
「コラ!何やっている、今授業中だぞ。
 花の水なんかあとでいい。」
呆気にとられながらも反射的に先生が大声を出したとき、
不運にも事件は起きました。
クラスの中でも大人しいその転校生の女の子の席で男の子
が止まったかと思うと、彼女の頭の上に花瓶をひっくり
返したのです。
一瞬、教室内が凍りついたように静まり返りました。
花瓶の水がスカートを伝って女の子の足元まで
水浸しで、床には花瓶に差してあった黄色やピンクの花が
散らばっています。
静まりかえった教室は次の一瞬「あーあ!あーあ!」の大合唱。
女子児童は男の子に対して非難の声を上げ、男の子たちは
面白がって囃子立てます。
「わざとやったんだよ」「かわいそー」「ひどいよー」
しまいには口笛を吹いて面白がる始末です。
こうなると先生が幾ら言っても無駄です。
普段から大人しくて恥かしがり屋の女の子は、みんなの注目を
浴びてかわいそうなほど小さくなっています。
先生は2人の所へ駆け寄りました。
「どうしてこんな事をやったんだ」と先生が怒っても、
 
男の子は何も答えません。
ただ、「ごめんね。ごめんね」と言いながら、男の子は
申し訳なさそうに、俯いている女の子に頭を下げると、
花瓶を持って走り出したときと同じような素早さで、
教室の後ろからバケツと雑巾を持ってきてこぼれた水を拭き
始めました。
びしょぬれのスカートで座ったままの女の子は本当に気の毒
なくらいに押し黙っています。
先生が女の子を着替えさせるために保健室に連れて行った時、
大騒ぎするクラスの中でも、
男の子は黙りこくって床にこぼれた水を拭いていました。
この時、生徒たちの気持ちの中には、
  
「人気者だったのに、あんな事をする奴なんだ」
と男の子を非難する思いが残りました。
  
そしてこの事件は、このクラスで「花瓶の水」事件として、
永く記憶に残る事になったのです。
それから数年後、生徒たちも20歳になりました。
田舎の成人式には、町を出て行った子供たちも帰ってきて
いたので、久し振りにクラス会が行われました。
あの時水をかけた男の子もいました。
  
水をかけられた女の子も東京からやって来ました。
そして、会も盛り上がり、集まったクラスの一人一人が
小学校時代の思い出を話しだしました。
  
その時、水をかけられた女の子が、小学校時代の一番の思い出
を語るときに、この「花瓶の水」事件を話してくれました。
そしてその話を聞いたとき、クラスメートも先生も
びっくりしました。
その話を聞いて、「思っていた話とは違う!」と誰もが
思ったのです。
女の子は話し始めました。
なんと女の子は、あの時、トイレを我慢していたのです。
内気でおとなしく恥ずかしがり屋の女の子は、先生に
「トイレに行きたい」と言えなかったのです。
しかし、どうしても我慢できなくて、おしっこを漏らしていた
のでした。
  
そのことに誰よりも早く気付いたのが、あの男の子だったのです。
男の子は、女の子を助けようと一生懸命考えました。
そして、必死になって考えついたのが花瓶でした。
花瓶の水をその女の子のスカートにわざとかけ、おしっこを
漏らしたことを周りのみんなに気付かれないように気を
配ったのでした。
自分が先生や友達から変に思われようとも、その子を助けた
かったのです。
周りの子からは、「わざとやったんだよ」「かわいそー」
「ひどいよー」という声を浴びせられたけど、
一言もその事実を語りませんでした。
先生もこのクラス会までその事を知らなかったのです。
  
その子の話が終わったとき、大きな拍手が湧き、
クラス会は大いに盛り上がりました。

「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」
ジェニーいとうさんの話より
練中おやじの会 ホームページより引用させていただきました。
http://www.geocities.jp/nerichuuoyaji/jenny

z00765

AD googleアドセンス

関連記事

今年、母が亡くなった。

遅い反抗期だったと思う。中学生まで親に逆らわず良い子だった俺が、高校生になり急に親に反抗するようにな

記事を読む

ハッピーバースデートゥーユー

娘と妻と三人で福岡に帰る日。 小学校4年生の娘は心臓病を患っており、ベッドに寝たまま搭乗するこ

記事を読む

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょ

記事を読む

【祈りの手】

いまから500年ほど前、ドイツのニュルンベルグの町に 「デューラー」と「ハンス」という若者がい

記事を読む

『サンタさんは居ます!』Yahoo知恵袋への回答が素晴らしい

わたしはサンタさんがいると思っています。 逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。 サン

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

ママに優しくしてあげたくて来たんだよ

長男がちょっとづつ話せるようになった3歳ぐらいの頃、 長男が急に話し始めたことがあります。

記事を読む

記念日にもらった大切な指輪を無くした

記念日に買ってもらった大事な指輪。 先日、その指輪をなくしてしまった。 どんなに探しても見つ

記事を読む

余命宣告をうけたお父さん

もうすぐ51歳になる5月を目前に 余命宣告をうけたお父さん。 体調良くないわぁ。 とこぼし

記事を読む

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうにうなずいた。誕生日には婚約指輪

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑