*

余命宣告をうけたお父さん

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 泣ける話

Pocket

もうすぐ51歳になる5月を目前に
余命宣告をうけたお父さん。
体調良くないわぁ。

とこぼしてたけど仕事が
忙しいせいだと誰も疑わず、
咳が止まらなくなりようやく出来た休み
町医者に行ったらすぐに大病院へ。
即入院そして余命宣告。
でも諦めたくないからいっぱい調べて
色んな病院行って、
好きな事沢山しようって決めて孫と遊んで
それでもどんどん痩せて行ったお父さん。
入院中、
私に背をむけて寝ていたお父さんが
「ちょっと手ぇ貸して」
と言ってきた。
私は何か手伝って欲しいのかと思い
「何したらいい?」と尋ねると
「えーから手ぇ出して」と。
何か分からず右手を差し出したら
背を向けたままギュウっと握った。
細くなった背中は震えてた。
とても長い時間に思えたけど
きっと数秒の事だったと思う。
「ありがとう。もうええわ」と手放した。
その2日後に逝ってしまったお父さん。
本当に不器用なお父さんなりの
私へのサヨナラだった。
泣いてるとこも見せたくなかったんだよね?
言葉には出来なかったんだよね?
わかってるから安心してね。
ー泣ける話ちゃんねるー

z00759

AD googleアドセンス

関連記事

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは 「えwあの女と付き合ってるの

記事を読む

愛猫の最期

物心ついた時からずっと 一緒だった猫が病気になった。いつものように私が名前を呼んでも、腕のなか

記事を読む

今日から一年間

お酒を一滴でも飲まないで下さい。 タバコもダメです。 スポーツは全て禁止、エステやマッサージも当

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

癌で死ぬ怖さより-余命宣告-

ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。 末期だからって医者も自由にしなさいってさ。

記事を読む

no image

大石清 伍長 『妹静ちゃんへの手紙』

大石清 伍長(18~19歳)は 幼い妹 静ちゃん(11歳)と二人家族で 妹には、辛い悲しい思

記事を読む

母猫の最後

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校

記事を読む

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に 捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だった

記事を読む

小学生の時僕はイジメられていた

無視されたり叩かれたり・・・。死にたいとは思わなかったけど、学校に行くのはとても辛かった。イジメをす

記事を読む

プロ野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑