*

ノーラッド・トラックス・サンタ

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ちょっといい話

Pocket

1955年、コロラドにある大手スーパーシアーズが
子供向けにサンタのホットラインを乗せた広告を出しました。
ところが、なんと
間違えた番号を載せてしまったのです。
その電話番号が、偶然にも、
アメリカ中央防衛航空軍基地の司令官へのホットライン
と同じ番号でした。
そして、子供から電話が入ります。
「サンタさんはいまどこにいるの?」

この偶然が今に続くプロジェクトを生みました。
そのプロジェクト名が(NORAD Tracks Santa)
「ノーラッド・トラックス・サンタ」

電話で応対することになった
ハリー・シャウプ大佐はこう答えます。
「レーダーで調べた結果、
サンタが北極から南に向かった形跡がある」

それ以来、多くの軍事スタッフや民間人職員らによる
サンタの追っかけ中継が始まったのです。
戦闘機や偵察衛星を繰り出して行う追跡は
お遊びの域を脱しています。
12月24日からNORADがサンタクロースの追跡を開始し、
サンタの居場所を随時掲載していきます。
その追っかけの様子は、こちらのサイトで。
http://www.noradsanta.org/

ちなみに、Googleも追跡サイトを作ってます。
こちらは可愛くて子どもが喜びそうな感じ。
http://www.google.com/santatracker/

AD googleアドセンス

関連記事

あのとき頑張ってよかった!

どんなに今が辛くても いつかは 「あのとき頑張ってよかった!」 って思える時が来るから。 そ

記事を読む

あいさつって大切だよね。って思える話。

ツイッターで「バスで『ありがとう』とかツイッターで『おはよう』とかうざいしアホ」 …と、ツイー

記事を読む

この子は、普通じゃないですね

「この子は、普通じゃないですね」とさらっと保健士言われた時から 「普通」ってなんだろうと考えた

記事を読む

素直になれない息子と母親の微妙な関係。感動する話。

昨日気がついたら車で3時間かかるのにいつの間にか実家に帰っていた。 案の定、お袋は 「突然どうし

記事を読む

小さなジェントルマン~空の上で本当にあった心温まる物語

おばあさんと学生服を着たお孫さんと思われる男の子の二人連れが登場なさいました。 機内に乗り込む時も

記事を読む

子 に込められた想い

女の子の名前でよく見る「子」という字には ただ単に子供の「子」ではなく、 「一」(はじめ

記事を読む

日本人が大好きな自慢話

「日本人が大好きな 【寝てない自慢】 【食べてない自慢】 【忙しい自慢】 【体調悪い自慢】等

記事を読む

置かれたところで咲きなさい

初めての土地、 思いがけない役職、 未経験の事柄の連続、 それは私が当初考えていた修道生活とは

記事を読む

海外で共感の嵐!子どもをほめずに「やる気にさせる」5つの言葉

子どもって、オムツを替えさせてくれない、ご飯をちゃんと食べない、ってところから始まって、おもちゃを片

記事を読む

伝える手段

電車で障害のある方が呻き声を出した。 それを見ていた男子高生が「きめぇー」って でかい声で笑

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑