ノーラッド・トラックス・サンタ


1955年、コロラドにある大手スーパーシアーズが
子供向けにサンタのホットラインを乗せた広告を出しました。
ところが、なんと
間違えた番号を載せてしまったのです。
その電話番号が、偶然にも、
アメリカ中央防衛航空軍基地の司令官へのホットライン
と同じ番号でした。
そして、子供から電話が入ります。
「サンタさんはいまどこにいるの?」

この偶然が今に続くプロジェクトを生みました。
そのプロジェクト名が(NORAD Tracks Santa)
「ノーラッド・トラックス・サンタ」

電話で応対することになった
ハリー・シャウプ大佐はこう答えます。
「レーダーで調べた結果、
サンタが北極から南に向かった形跡がある」

それ以来、多くの軍事スタッフや民間人職員らによる
サンタの追っかけ中継が始まったのです。
戦闘機や偵察衛星を繰り出して行う追跡は
お遊びの域を脱しています。
12月24日からNORADがサンタクロースの追跡を開始し、
サンタの居場所を随時掲載していきます。
その追っかけの様子は、こちらのサイトで。
http://www.noradsanta.org/

ちなみに、Googleも追跡サイトを作ってます。
こちらは可愛くて子どもが喜びそうな感じ。
http://www.google.com/santatracker/

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス