*

赤ちゃんを抱いたときの大きさって

公開日: : ちょっといい話

Pocket

今日たまたま通りかかった赤ちゃん用の服屋で、
おじさんが一人両手を前にして考え込んでて「何してるんだろう?」と思ったけど、
あれきっと抱いたときの大きさを思い出そうとしてたんだなあと思ったら愛しくなってきた。

q01587

AD googleアドセンス

関連記事

前向きに考えれば全てうまくいくよ

「恐れるよりも望もう。  愚痴るよりも深く息を吸おう。  駄弁る(だべる)よりも語ろう。  憎

記事を読む

嫌な事を1つ考えたら?

嫌な事を1つ考えたら 楽しい事を2つ考える 心配事が1つあったら うまくいった時の事を 2つ

記事を読む

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

実話です。 埼玉県川越市のKさん(15)。 両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が

記事を読む

「ありがとう」っていう言葉の破壊力

あなたはあなたの 「ありがとう」っていう言葉の破壊力に   気づいちゃいない。   その言

記事を読む

忘れられないクリスマス

22歳で結婚した俺は、嫁さんに幸せになってもらおうと、必死に働いた。 子供も2人生まれて、

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

置かれたところで咲きなさい

初めての土地、 思いがけない役職、 未経験の事柄の連続、 それは私が当初考えていた修道生活とは

記事を読む

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに やってくるんだそうです。 幸せになるために 毎日一

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑