親戚のお姉ちゃんとキスした話


消防の夏休みの時に親戚の家に遊びに行った
親達は話に夢中だったので、俺はそこのお姉さん(当時高1)に遊んでもらっていた
お姉さんは優しくて長髪が似合う憧れの存在だった
庭で遊んでいた時になぜだか好きな女の子がいるかと言う話になっていた

姉:○○くんは可愛いからすぐにガールフレンドができるよ
俺:そうかなあ。お姉ちゃんも綺麗だよ
姉:○○くん、お姉ちゃんのこと好き?
俺:・・・好きだよ

そしたらお姉さんに手を引かれてお姉さんの部屋へと連れて行かれて、ベッドの上に二人で座った

姉:○○くん、お姉ちゃんとキスしてみる?
俺:え?
姉:お姉ちゃんのこと、好きならしてみたいよね?
俺:うーん(親戚って法律でキスして平気なのかなとか考えていたw消防だったんで)
姉:してみようよ。じゃあ寝て目をつぶって・・・

俺はキスなんかしていいのかなあと思いつつも、好きなお姉さんとキスできるって期待感から
横になって目をつぶった
お姉さんは俺のわき腹の辺りに座り直して、俺の上半身に覆いかぶさってきたようだった
そして「キスするね」と聞こえたら、唇に生暖かくて柔らかい感触がしてキスされているってわかった
キスの時間は5秒くらい
キスが終わって目を開けたらまだお姉さんの顔がすぐそばにあって、お姉さんの吐息に
すごく興奮したのを覚えている
起き上がって「どうだった?」と聞かれたが、その時は頭に血がのぼってなにも答えられなかった
その後帰宅して、お姉さん宛てに結婚してほしいって暑中見舞いの葉書を書いて
送ったのを覚えている

そして今年のGWに久々にお姉さんに会ってこの時の話が出た
お姉さんの予言は外れて今まで彼女はできなかったけれど、やっと年上の彼女ができた
数年ぶり二度目のキスは幸福感で一杯だった

(2ちゃんねるより)

q01583

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス