*

人生が上手くいかない時はどうすればよいですか?

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 感動する話

Pocket

2014年12月、NHK「あさイチ」のプレミアムトークに、ゲストとして出演した美輪明宏さん。

その番組で、視聴者から寄せられた相談に対する美輪さんの回答が素晴らしいと話題になり、半年以上経った今でもSNSなどでシェアされ続け、多くの悩める人々の心を癒し続けています。

相談の内容

「人生うまくいかないな」と思った時、どう切り換えればよいですか?

悪いことしか思い浮かんでこなくなります…

それに対する美輪明宏さんの回答

人間にはバイオリズムがある。

この世は2つのもので構成されている。

宇宙の法則、正と負、プラスとマイナス、陰と陽、光と闇、吉と凶、全く違うもの。

それなのに皆は片方だけを望んでしまう。

闇がなければ光も無い。

だから人間はとても調子の良い時があるけれど、最高潮に良い物を手に入れない方が良い。

功績があり、最高に素晴しい賞をもらう、例えば、ハリウッドスターならアカデミー賞とか、アカデミー賞をいくつももらうと、ろくな死に方をしないと向こうでは言われている。

日本でも凄い賞を貰うと、病気や怪我を負ったり、亡くなったりする。

身分不相応な大邸宅を建てた人にも、同じようことが起こる。

だから昔の人は「負の先払い」と言って、棟上げ式の時に、紅白のお餅を撒いたり、近所の人にお酒を振る舞ったり、五十銭玉、五円玉を撒いたりして、負の先払いをしていた。

すべてはバランスなんですよ。

どこの扉を叩いても開かない悪い時期っていうのは、外へ向かおうとしてもドアが開かないから、じゃあどうすればいいのか、内に向かえっていう指令なんです。

内に向かうっていうのは棚卸しの時期、バーゲンセールの時期じゃない。

だから品物を揃えなさい。

美・知識・教養・技術、そういう自分の財産を増やしておきなさい、そういう時期だよ。

セールの時期がくると、アレ?って思うくらい色んなところに突破口が開けていくんです。

そういう時に貯めてたものをバーっと出すと人生がうまく回り出す。

回り出したら最高までいかないうちに、
人生は2番手3番手で引いておいたほうが無事でいられる。

あっちがダメならこっちがあるさ、こっちがダメならあっちがあるさ、なにか突破口があるんですよ。

z00724

AD googleアドセンス

関連記事

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

約束の結婚式

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借

記事を読む

ママに優しくしてあげたくて来たんだよ

長男がちょっとづつ話せるようになった3歳ぐらいの頃、 長男が急に話し始めたことがあります。

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

リッツカールトンの接客

満足を超えた感動を提供するホテル「ザ・リッツ・カールトン」! 様々な著書でも有名な、このホテル接客

記事を読む

あるマンガ家志望の若者の話

あるマンガ家志望の若者の話です。 彼が17歳のとき。 短編マンガが準入選に選ばれ、担当編

記事を読む

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で

記事を読む

チーズケーキ買えるかな?

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの女の子が入ってきた。 顔を

記事を読む

男の子二人組みの話。

男の子二人組みの話。 A「もしさぁ、お前のおかんと恋人がおぼれてたらどっち助ける?」 B「そ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

出逢う順番が逆だったら。。。 一度でいいから思い出をください、と頼んだのは私です 

彼との出逢いは職場です。新入社員で右も左もわからなかい私を、彼が食事に

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうに

→もっと見る


PAGE TOP ↑