*

電車で席を奪い取ろうとする老人に対し、若者が放った言葉とは・・・

公開日: : ちょっといい話

Pocket

電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度

私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。

彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。

この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が
 
 
「最近の若い者は年寄りを

 立たせても平気なんだから」
 
 
「ちょっと前は罪悪感からか

 寝たふりをしたもんだが、

 最近じゃ寝たフリもしない

 からふてぶてしい」
 
 
などと、かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。

どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。
 
 
ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。すっかり眠気が覚めてしまった。

反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。
 
 
「あんたたちさぁ、山は歩ける

 のに電車では立てないの?

 それっておかしくない?

 遊んできたんだろ?
 
 こっちはこれから仕事に行く

 ところなんだよ。

 だいたいさぁ、俺みたいな

 ヤツが土曜日も働いて

 あんたたちの年金を作って

 やってるんだって分かってる?

 俺があんたみたいなジジイに

 なったら年金なんてもらえなくて、

 優雅に山登りなんてやって

 いられないんだよ。

 とにかく座りたかったら

 シルバーシートに行けよ」
 
 
細部の表現は覚えていないながら、こんな感じ。

チャラチャラしているように見える若者の意外な発言に正直言ってビックリ仰天した。

「お年寄りに席を譲りましょう」とか「お年寄りを大切にしましょう」などというキレイごとを聞いて育ってきた世代の私にしても、彼の言っていることは正論に聞こえた。あたしって壊れてきているのかな?

浮かせかかった腰を再び降ろしちゃったよ。

3人の高齢者は凍りついたように黙りこくり、次の駅で降りていった。

ほかの車両に乗り換えたのかもしれない…

出典元:恋愛速報 

q01541

AD googleアドセンス

関連記事

おやすみ、ありがとう

今日という一日が終わり、 あなたが眠りにつく そのときにね、 自分自身に 「おやすみ、ありが

記事を読む

女なんて星の数程いると思ってた

男A「うぅ…ふられた…」 男B「…ドンマイ。女なんて星の数ほどいるさ」 A「さすがに

記事を読む

君が代の歌詞の意味

“あなたの幸せが ずっと、ずっと、つづきますように。 小さな砂粒があつまって、 大きな岩になる

記事を読む

「仲がいい」って喧嘩しない二人のことを言うんじゃない

「仲がいい」って    喧嘩しない二人のことを    言うんじゃない...      

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

パスワードを自分の目標にしたら人生が変わったよ!

パソコンを使用するときに行う「パスワード入力」。 この面倒なパスワード入力の作業に一手間を加えるこ

記事を読む

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに やってくるんだそうです。 幸せになるために 毎日一

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

記事を読む

心の貧富の差

感謝していると、 「ああ、そこまでわかっているん だったら、もっとしてあげようかな」 という気

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑