*

豹変した盲導犬

公開日: : ちょっといい話

Pocket

毎朝、私が通勤する途中に、
見かけていた盲導犬。

交通量の多い交差点で、
いつも彼が信号待ちをしている時間、

私は、
「やっぱり盲導犬は凄いなぁ。
素質があるよねぇ。」
と思いながら、ニコニコと、
その横を車で通過します。

獣医と言えども、
盲導犬を見る事は、
なかなかありません。
それはとても印象的な、
それでいて毎日続く、
不思議な風景でした。

出会いは、突然やってきました。
ある日、そんな盲導犬の彼が、
ひょんな事から私の患者になりました。

盲導犬の管理は非常に厳しく、
月に一回の健康診断、爪の確認、
足裏の毛刈り、
肛門腺に予防関係に・・・・

とにかく、飼い主さんに危険が及ばないよう、
完璧な状況下で、 任務がこなせるように、
メンテナンスされています。

もちろん優秀な盲導犬。
爪切りでも自分から足を差し出すほどで、
全ての診察は、
非常にスムーズに進みます。

ところがある日、
彼の本当の姿を見ることになるのです。

それは、正確に体重を測ってみましょうか・・
と盲導犬の補助器具を、
全て外した時の事でした。

豹変した彼。
彼は一目散に、
病院を駆け巡りました。

そして、
病院内の看護士、
獣医一人ひとりに挨拶をするように、
じゃれて、グルグル回って、
伏せをしたと思いきや飛び掛ってきて、
また次の人間のところへ・・・

そう、これが彼の本当の姿だったのです。
本当は、人間と一緒に、
思い切り遊びたくて、走り回りたくて、
普通の犬としての暮らしに憧れを持っていた。

そんな彼に与えられた使命、
盲導犬。

長い間、
ずっと抑えていた感情だったのでしょう。
そんな彼の本当の姿を露(あらわ)にした原因、それは・・・

間違いなく、
彼に付けられていた補助器具でしょう。

それを付けている間、
彼は「プロ」なのです。

何があっても、飼い主さんを守り、
自分の使命を果たさなければなりません。

飼い主さんの
「いつもごめんなぁ・・ごめんなぁ・・
先生、少しだけ、
この子を自由にさせてあげても良いですか?」
と言う言葉が、重く心に残っています。

飼い主さんは、
きっとこの子の気持ちに、
ずっと気づいていたのでしょう。

信頼で結ばれた強い関係。
本当は遊びたいし走りたい・・・
けれども誇りを持って、
毎日仕事を続ける盲導犬に、
強く感銘を受ける事となりました。

それから・・・
今でも、毎朝彼の姿を、
交通量の多い交差点で見かけます。

しつこいですが、
「素質」などと安易な言葉で、
彼を評価していた私自身に、
今でも苛立ちを隠せません。
そんな簡単なものでは無いのです。

彼は毎月、病院に来た時だけ、
補助器具を外し、
ほんの数分だけ、
みんなに挨拶しに行く、
自由を与えられています。

私たちも精一杯、
彼と挨拶をします。

犬は本当に凄いです。
獣医になって良かったと思います。

引用:盲導犬の隠された性格

q01537

AD googleアドセンス

関連記事

嫌な事を1つ考えたら?

嫌な事を1つ考えたら 楽しい事を2つ考える 心配事が1つあったら うまくいった時の事を 2つ

記事を読む

置かれたところで咲きなさい

初めての土地、 思いがけない役職、 未経験の事柄の連続、 それは私が当初考えていた修道生活とは

記事を読む

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュの時代のこと、 ダービーという人が、コロラド州に金脈を持っていました。

記事を読む

「大切」という字は、大きく切ると書きます

「大切」という字は、 大きく切ると書きます。 真っ二つにされる覚悟があるからこそ、 その人のこ

記事を読む

『体』は・・・で作られる。『心』は?

『体』は 「水」や「食べ物」などでつくられる 『心』は 「言葉」や「想い」でつくられる

記事を読む

相手が変わるのを待つより

相手が変わるのを待つより 自分が変わる方が早い。 環境が変わるのを待つより 自分で

記事を読む

前向きに考えれば全てうまくいくよ

「恐れるよりも望もう。  愚痴るよりも深く息を吸おう。  駄弁る(だべる)よりも語ろう。  憎

記事を読む

人を嫌うときくらい一人で嫌いなさい

小学生のとき、親にこう怒られた   「人を嫌うときくらい一人で嫌いなさい。   わざわざ輪を

記事を読む

この子は、普通じゃないですね

「この子は、普通じゃないですね」とさらっと保健士言われた時から 「普通」ってなんだろうと考えた

記事を読む

クリスマスの日の出来事

あるクリスマスの日の出来事です。 うちには6才の息子がいます。 我が家では、クリスマスイヴの

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑