*

芸術作家のお母さんが、素晴らしいアートを完成!!

公開日: : ちょっといい話

Pocket

2歳の自由な発想の下書きをもとに、
芸術作家のお母さんが、素晴らしいアートを完成!!
2歳のEveちゃんが下書きをする様子からごらんください。

z00709

AD googleアドセンス

関連記事

海外で共感の嵐!子どもをほめずに「やる気にさせる」5つの言葉

子どもって、オムツを替えさせてくれない、ご飯をちゃんと食べない、ってところから始まって、おもちゃを片

記事を読む

置かれたところで咲きなさい

初めての土地、 思いがけない役職、 未経験の事柄の連続、 それは私が当初考えていた修道生活とは

記事を読む

おっちょこちょいの子供

初めての妊娠で初期流産しました。   その時友達が   「あんたに似て おっちょこちょいな

記事を読む

お忍びで夜の町を歩いていたところ…

■光武帝が夜遅く帰った時、門が閉まっていて入れてもらえないということがあ った。身分を門番に伝えて

記事を読む

電車で泣いちゃった赤ちゃん・・・男子高校生のナイスな一言!

電車で泣いちゃった赤ちゃん。 「ちょっと、子ども黙らせなさいよ!」 とキレるお

記事を読む

祈りは通じる

アメリカの研究でこんな実験がありました。 末期がん患者を無作為に選んで、 AとBの2つのグループ

記事を読む

幸せのポッケ

幸福というのは、 いつも持ち歩いているものです。 みんなのポケットにも、 たくさん入っているん

記事を読む

やるかやらないかで悩んだら

やるかやらないかで悩んだら、 とりあえずやるようにしています。 やってダメでもそれはそれで 経

記事を読む

「仲がいい」って喧嘩しない二人のことを言うんじゃない

「仲がいい」って    喧嘩しない二人のことを    言うんじゃない...      

記事を読む

分娩室から出たら父がいた

分娩室から出たら父がいた  「よく頑張ったね」頭をぐしゃぐしゃになでてくれた  いつぶり

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑