*

女なんて星の数程いると思ってた

公開日: : ちょっといい話

Pocket

男A「うぅ…ふられた…」

男B「…ドンマイ。女なんて星の数ほどいるさ」

A「さすがに星の数ほどはいないだろ常識的に考えて…」

B「確かにwでも日本人だけでも何千万人っているだろ?」

A「俺は25歳以上には興味ねーんだよ。8割くらいは幼女かババァだろうが」

B「うるさいなぁもう。じゃあ調べてやるよ。お前ストライクゾーンは?」

A「15才から24才」

B「おk。出た。日本人人口、15~24歳♀は約690万4千人いるぜ!
  星の数には足りないが一人、いや100人くらいはお前のことを好きになってくれるだろう!」

A「おぉ!!そういえば男は?」

B「えっと、約728万8千人だな」

A「…40万人近く余らないか、それ」
B「……余るな……」

引用元:アルテマ速報

z00707

AD googleアドセンス

関連記事

理由もなく会えるのが友達

理由もなく会えるのが友達で、 理由がないと会わないのが知合いで、 理由をつくって会いたくなるのが

記事を読む

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。     ちょっとしたことをされても   「

記事を読む

親と一緒にいられる時間

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間

記事を読む

嫌な事を1つ考えたら?

嫌な事を1つ考えたら 楽しい事を2つ考える 心配事が1つあったら うまくいった時の事を 2つ

記事を読む

芸術作家のお母さんが、素晴らしいアートを完成!!

2歳の自由な発想の下書きをもとに、 芸術作家のお母さんが、素晴らしいアートを完成!! 2歳のEv

記事を読む

この子は、普通じゃないですね

「この子は、普通じゃないですね」とさらっと保健士言われた時から 「普通」ってなんだろうと考えた

記事を読む

あの父親が泣いていたのは夢か事実か。。。

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、 夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

電車で泣いちゃった赤ちゃん・・・男子高校生のナイスな一言!

電車で泣いちゃった赤ちゃん。 「ちょっと、子ども黙らせなさいよ!」 とキレるお

記事を読む

見ると良い事がある虹色の雲

‘‘見ると良い事がある虹色の雲‘‘ この虹色の雲は「彩雲」と呼ばれ非常に縁起のいい雲だそうです。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑