「最も醜い女」と呼ばれた少女の半生がついに映画化。その人生に学ぶこと


1989年に生まれたリジー・ベラスケスさんは、「最も醜い女」と呼ばれながら10代の時を過ごしました。

世界でたった3人しかかかっていない、「新生児早老症様症候群」という
難病に侵されているリジーさん。幼い頃から何度となく入退院を繰り返したその身体は、身長が157センチで体重は27キロ。右目の視力は失われており、残った左目の視力も現在はごく僅かだといいます。

そんな彼女は17才のとき、自身が映った動画がYouTubeにあがっているのを見つけます。
そう題された8秒間の無音の動画。そのコメント欄には、
「どうして両親は彼女を殺してしまわなかったのか」「火で燃やしてしまえ」「リジー、どうかお願い。世界のためにピストルで自殺して」
などといった、見るに耐えない悪罵が集まっていました。
その書き込みを見たリジーさんは、「自分の人生は終わった」と、毎日まいにち泣き続けたそうです。

しかし、リジーさんの尊い人生は、そんなもので終わりにはなりませんでした。両親の偉大な愛の支えによって、彼女はこのような人々の悪意と闘おうと決心したのです。この決意はリジーさんの新たな人生の始まりでした。

病気のこと、周囲に向けられた悪意にひどく傷ついたこと。この世界に生まれてから経験したさまざまな苦しみを、彼女はYouTube上で告白しました。その動画は瞬く間に世界中の人間の目につき、再生数が400万回以上にのぼりました。

2013年にはTEDにてスピーチをおこない、「バカにされたことを糧にして、自分ができる最大限の努力をしてきた。向けられた酷い言葉をエネルギーに、私は心を燃やし続けてきた」と、同じ体験をしている孤独な仲間を励まします。

そんなリジーさんの人生がこの度、ドキュメンタリー映画「A BRAVE HEART: The Lizzie Velasquez Story」としてこの世界に足跡を残すこととなりました。作品が公開された試写会では、いつまでも鳴り止まない拍手が送られたといいます。
“醜い”とは、一体なんでしょう? 人生に幸せを感じられるのは、一体どんな時なのでしょう?
リジーさんは、「外見や病気は関係ない。自分の人生は自分の選択で決まる」
「自分らしさは、目標や成功、やり遂げたことで決まる。私を誹謗中傷した人には決められない」
と語っています。孤独を乗り越えた彼女のメッセージは、世界中の人々の心の支えになっています。

さぁ、あなたは何を思いますか?

q01504

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス