*

バスの中で言葉の暴力を喰らった

公開日: : 感動する話

Pocket

10歳の息子がある病気を持っており、

車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり

一見ダルマのような体型。
 

知能レベルは年齢平均のため、尚更

何かと辛い思いをしてきている。

本日、通院日でバスに乗ったとき、

いつも通り車いすの席を運転手が声かけして

空けてくれたんだが、どうやらそれで立たされた

人がムカついたらしく、ひどい言葉の暴力を

喰らった。
 

・ぶくぶく醜い

・何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの

・補助金で贅沢してるくせに

・役に立たないのになんで生かしておくかなあ?
 

それもこちらに直接言ってくるのではなく、

雑談のように数人でこそこそ。

それがまだ小さい子連れの母親の

グループだった。
 

息子が気付いて

「お母さん降りようか?」

と言ってくれたんだが、実は耳が

聞こえにくいため、声が大きく発音が

不明瞭な息子に今度は普通の声で

「きも!」

と言われたよ。
 

あまりのことに切れて

「何か息子の件でご迷惑でも?」

と言ったら、笑いながら

「何か?だってwwうけるwww」

と嘲笑された。

さらに

「うちは娘だから、あんなのに目付
 けられたくない」

「アタマがないからレ●プされても
 泣き寝入りだもんね~」

とも言われた。
 

さすがにもう降りようとしたら、

運転手さんがバス停に止まって

「えー、奥さん、ここで降りてください」

と言われる始末。
 

『あーもーいいや、苦情だけ入れて
 二度とこの路線使うもんか』

と思いながら車いすを外そうとしたら

「あ、お母さんじゃなくて」

と私を見て運転手さんが続けた。
 

「後ろの奥さん方、あなた方が乗って
 ること自体が他のお客さんに迷惑で
 すので、こちらで降りてください」
 

私ポカーン
 

息子もポカーン
 

指された子連れママたちもポカーン。
 

そしたら後部から

「さっさと降りろ!うざいんだよ!」

「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」

「ほらさっさと行きなさい!」

との声が聞こえてきた。
 

さらに降りるときに運転手さんに

「クレーム入れてやる!おぼえとけ!」

と言ったら

「はいどうぞ。乗車賃いりませんから
 さっさと降りてください」

と言われてた。
 

その人たちが降りてからお礼を言ったら

「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから
 気にしないでください」

と言われてしまい、もう私涙目。
 

冷たい視線ばかりと思ってたのに

世の中捨てたもんじゃないと思った。

q01504

AD googleアドセンス

関連記事

母から娘への手紙

私のかわいい娘へ。 私が老いていることに気付いたときには、落ち着いて受けとめてね。 何より、私が

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

「世界の北野」ですら、お母さんには敵わない。。。

『親思う心にまさる親心』 北野武さんが芸能界に入って売れるようになった頃、 お母さんから

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

二人目のお母さん ~今日からこの人がお前のお母さんだ~

俺が六歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。 ある日、親父が「今日からこの人がお前のお母さんだ」

記事を読む

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

無償の愛でしょ?お金なんかいらない

おじいちゃんは老いから 手足が不自由でトイレも1人では厳しい。 だから、いつも

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑