極楽と地獄の違い


ちょうど銭湯へ行きますと、男湯と女湯が並んで
あるように、地獄湯と極楽湯は並んであります。
その二つの銭湯は、入り口から脱衣場、そして、
洗い場から湯船まで全く同じに出来ており
また、同じだけ大勢の人が入っております。
もちろん、地獄湯には地獄の亡者が、
極楽湯には極楽の天人が入っております。
どちらも、満員です。
騒がしいのは、地獄湯です。
  「足を踏みやがった!」
  「湯を引っ掛けられた!」
  「石鹸の泡を飛ばした!」
あっちのほうでは殴り合いのけんかもやっております。
これが、地獄湯の様子です。 
それに対して、極楽湯の方は本当に穏かなんですね。
どうしてこうも違うのかと様子をうかがうと、
地獄の亡者たちは満員の洗い場で、
自分で自分の背中を洗おうとするから、
それぶつかったとか、やれ押したのやら言い争いが
絶えないわけなんですね。
それが、極楽の天人たちは、洗い場にま~るく輪に
なって、ニコニコ顔で世間話をしながら、
前の人の背中を洗っております。
おもしろい話ですよね。
同じ時間、同じ場所に居ても、
そこに居る人達によって地獄にもなり
極楽にもなるものなんですね。
 
 
 
引用:心の図書館

z00671

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
AD googleアドセンス